2016年7月12日 (火)

共産党 改選3議席から6議席へ

参議院選挙が終わりました。

日本共産党は改選3議席から6議席となりました。

以下  日本共産党 の声明です。

(1)

 7月10日投開票でおこなわれた参議院議員選挙は、「自公と補完勢力」対「4野党プラス市民」という対決構図が鮮明となり、野党と市民が力をあわせてたたかう、戦後かつてない選挙となりました。この選挙でわが党は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進という二つの大目標を掲げてたたかいました。

 野党と市民の共闘は、最初の挑戦としては大きな成功をおさめました。全国32の1人区すべてで野党統一候補を実現し、11の選挙区で激戦を制して自民党候補に勝利したことは、きわめて重要な成果です。多くのところで、無党派層の6割、7割の得票を獲得し、「1+1」が「2」ではなく、それ以上となる“共闘効果”が発揮されました。このたたかいのなかで、他の野党や市民のみなさんとの間で新しい連帯のきずなができたことは、今後につながる大きな財産です。

 日本共産党は、比例代表選挙で5議席を獲得し、選挙区選挙では東京で当選を勝ち取り、改選3議席を6議席へと倍増させ、非改選とあわせて14議席へと前進しました。とりわけこのなかで、比例代表選挙の得票が、躍進した2013年の参院選と比べて、515万4千票(得票率9・68%)から、601万6千票(得票率10・74%)へとさらに前進したことは重要です。

 野党共闘と日本共産党にご支持をお寄せいただいた有権者のみなさん、風雨と猛暑の中で奮闘された市民のみなさん、支持者、後援会員、党員のみなさんに心からのお礼を申し上げます。

(2)

 選挙戦では、安倍首相を先頭に、激しい野党攻撃、日本共産党攻撃がおこなわれました。一国の首相が、日本共産党を名指しして連日攻撃する選挙というのは、かつてない異常なことでした。それは、野党共闘に本格的に踏み込み、政権打倒に全力をあげるわが党に対する、支配勢力の強い危機感、恐怖と憎悪を示すものでした。

 わが党は、「野党共闘は野合」とする自公の攻撃に対し、「立憲主義を取り戻す」という野党と市民の結束の大義を太く示して断固たる反撃をおこないました。

 自衛隊問題を利用した反共攻撃に対しても、わが党綱領が明らかにしている自衛隊政策を堂々と示すとともに、「海外で戦争する国」づくりを許すかどうかが選挙の真の争点であることを明らかにし、正面から反撃しました。

 今回の選挙での野党共闘と日本共産党の前進は、こうしたかつてない激しい野党攻撃、反共攻撃と正面からたたかって勝ち取ったものであるところに、とりわけ大きな意義があると考えるものです。

(3)

 日本共産党は、「安倍暴走政治の全体にノーの審判を下し、チェンジの意思を示そう」と公示第一声から一貫した論戦をおこない、安保法制=戦争法と憲法改定の問題を選挙戦の大争点に押し上げました。「アベノミクス」の破綻について根本から明らかにし、抜本的対案である「三つのチェンジ」を語りぬきました。野党と市民の共同に力をつくす党の値打ちを押し出し、「政治は変えられる」という希望を語ったことは、多くの国民に期待と共感を広げました。

 選挙の結果、改憲勢力が議席の3分の2を占めましたが、自公は選挙戦で「憲法隠し」に終始し、国民は改憲への「白紙委任」を与えたわけでは決してありません。

 わが党は、今回の選挙で得た国会での新たな地歩を生かし、掲げた公約の実現へ、国民のみなさんとともに力をつくします。

(4)

 今度の選挙は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進を一体に追求する最初の挑戦でした。私たちは、ともにたたかった野党と市民のみなさん、支持者や党員のみなさんのご意見に耳を傾け、しっかりと教訓を引き出し、今後のたたかいに生かしていく決意です。

 とりわけ、私たちは党の自力の問題を痛感しています。比例代表選挙での601万票余の獲得という貴重な結果は、たちあがった党員と支持者のみなさんの猛奮闘によるものですが、選挙勝利のためにやるべきことをやりきれずに開票を迎えたことも事実です。党の力が、いまの情勢が求めるものに追いついていない、そこには大きなギャップがある―これがこの選挙をたたかっての私たちの実感です。

 野党と市民の共闘をさらに発展させ、日本の政治を変えるうえで、日本共産党の果たすべき役割は、ますます大きくなってきます。私たちは、今日の情勢が求める強く大きな党をつくる仕事に、新たな意気込みでたちあがる決意です。

2016年7月 5日 (火)

共産党街頭演説

昨日、池袋東口で街頭演説を行い約12000人が耳を傾けました。

若いカップルが「いいこというじゃん。じゃあ、共産党にいれちゃう?」と言っていました。

はい、ぜひ、お願いします!

2016年6月23日 (木)

選挙費用はいくら

参院選挙にいくらお金がかかるのか?
区民の方から質問がありました。
大田区の選挙管理委員会に聞いてみました。
約2億2777万円(予算額)
やはり一番多いのが人件費。開票作業にかなり人手が要します。...
         投開票日 区職員やアルバイト(計約800人)
委託分を除くと約7300万円(委託費8300万円)
具体的には 投票立会人1.5万円 
 (投票所で監視している方 自治会・町会の役員の場合が多い)
      開票立会人1.5万円
 (開票が正しく行われているか監視している人 議員が多い)
立て看板 1か所 約5万円(材料・人件費含む) 
Img_7598

 (みなさんがご覧になっている候補者一覧の掲示板)
入場整理券郵送料 約1892万円
 (みなさんのご自宅に届く整理券)
選挙公報の新聞折り込み代 約600万円
やはりお金がかかりますね。この費用を無駄にしないために
東京選挙区は 山添拓 
Img_7599_4
比例は日本共産党にお願いします。

2016年6月10日 (金)

費用弁償(1日3000円)廃止の条例提案

大田区議会定例会で費用弁償(1日3000円)廃止の条例提案を行いました。

今回、日本共産党大田区議団だけでなく、生活ネット・フェア民の区議との共同提案となりました。

20日の本会議で可否が決まります。

私が条例提案の説明を行いました。要旨は以下の通りです。

 

現在支給されている費用弁償3000円を廃止するためこの条例を提案しました。

 提出した理由の1つは連日、テレビやマスコミでも報道されている舛添都知事の問題です。知事は「違法ではない」と述べていますが、多くの都民からは「違法ではなければ何をしてもいいのか」「辞任してほしい」との声が上がっています。それだけ都民・区民の政治と金の問題について厳しい目となっています。舛添知事の問題で一番の問題点は知事の感覚・認識と都民の感覚・認識に大きなずれがあることです。ルールを守っているからよいではなく、区民の目線でおかしいものは改めるこのことが必要だと考えます。議員が登庁するとき、1日3000円の費用弁償(交通費)が支払われていることに、区民の理解は得られないことが理由です。

さらに、23区では費用弁償の廃止や引き下げ、実費支給にしている区は増えています。現在、日額旅費1日3000円は23区で最も高い金額となっています。

第三者の厳しい目でもしっかりと応えられるようにぜひともご賛同いただきますよう、よろしくお願いします。

 

2016年5月24日 (火)

大田区議会議会役職決まる

自民・公明党で約9割を占める。

大田区議会議会役職改選
昨日、改選が行われました。(議長・副議長・委員長・副委員長・監査)24役職
結果 共産党 9名中1名 
   自民党 16名中12名
   公明党 12名中9名...
   民進党 5名中2名

共産党区議団は委員長互選は合意形成を図るために指名推薦を求めましたが、投票となりました。そして投票結果は自民・公明・民進党が同じ議員名を書き委員長・副委員長が決まるということが起きました。事前に打ち合わせでもしたのでしょうか? 
この間、共産党・維新・緑・ネット・フェア民の14名の連名で要望をしてきました。引き続き改善を求めていきます。
ちなみに私は総務財政委員と防災対策特別委員になりました。20160524181439319_0001


2016年5月12日 (木)

川に自転車を捨てるのはやめましょう

 私の通勤路である呑川沿い。

ふと見るとなんと自転車が浮かんでいるではありませんか。

大田区では呑川の清掃を行っていますが、年間で約950万円かかっています。

みなさん、川に自転車を捨てるのはやめましょう。Img_5894


Img_5893

2016年5月 9日 (月)

待機児229人 異議あり!

本日、大田区議会こども文教委員会で4月1日現在の待機児数を発表しました。

229人

大田区の発表した待機児数は229人

異議あり!

今年4月入園の申し込み数は4514人。不承諾数(第一次)は1786人

認可保育園に申し込んだけれど入れない人が1786人。

しかし、大田区発表の待機児数は229人。

この数字の差は認証保育所・保育ママ・定期利用などで子どもを預けている場合はこの待機児数には入っていません。

私は国の最低基準をクリアした認可保育園に申し込み入れなかった子どもを待機児数としてカウントすべきだと考えます。

大田区が発表した229人の待機児解消対策では問題は解決しないと考えます。

そして待機児解消は認可保育園の増設こそです。

20160509150220548_0001

2016年4月28日 (木)

大田区イメージソング 発表

大田区は区制70周年としてイメージソングを作りました。

豪華な顔ぶれ

作詞 湯川れいこ 作曲 千住明 歌唱 夏川りみ

制作費用は約860万円

区議会議員に歌詞カードとCDが配布されました。

大田区のHPから聞くことができます。

個人的には大田区や町工場の文言がないのは寂しい気がします。

20160428125004608_0001
20160428124941484_0001



2016年4月20日 (水)

ご当地ナンバー始まる

4月1日から大田区でもご当地ナンバーが始まりました。(排気量125CC以下)

従来のものとご当地のものが選択性となります。

羽田空港の飛行機と下町ボブスレーの図柄です。

Gotouti501

2016年4月15日 (金)

黒湯サイダー 注:黒湯成分は入っていません

黒湯サイダー発売中

大田区と川崎市の共同プロジェクト

観光名産品を作ろう!と取り組みその一環として期間限定で販売されています。

200円 黒湯成分は入っていなくほんのり塩味がポイントです。

区内ではスリーエフで販売しています。

一度お試しください

Img_5872_2




より以前の記事一覧