ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月27日 (水)

大田区 刑法犯認知数 23区中ワースト5

本日、大田区議会防災安全対策特別委員会が開かれ、「平成30年大田区における刑法犯認知件数について」の報告がありました。

大田区はワースト5でした。(別紙参照)

一番多い犯罪は自転車盗

2146件が自転車盗であり一番多い罪種です。その中で約6割が無施錠でした。

必ず自転車はロックしましょう。

20190227121907667_0001

2019年2月26日 (火)

身体障害者4級手当 否決

昨日、日本共産党大田区議団が議員提案を行った「大田区心身障害者福祉手当条例の一部を改正する条例」(身体障害者4級の方に月2000円支給するための改正)が、大田区議会健康福祉委員会で、自民・公明・国民民主などの反対により否決されました。

「自尊心を傷つけられる」

自民党は「4級の手当があると障害者の方の自尊心が傷つけられる」との理由で反対しました。

????私には理解できません。

そもそも身体障害者4級の手当は平成13年まで大田区独自の施策として行っていました。

このことはどのように説明するのでしょうか。

2019年2月21日 (木)

大田区議団4件の条例提案

本日、大田区議会本会議にて日本共産党大田区議団は4件の条例提案を行いました。

①身体障害者4級の方に月2千円の手当の創設

②国民健康保険の均等割りを第二子以降を免除する

③大田区中小企業・小規模企業振興条例をつくり小規模企業を支援する

④現在、保育園保育料が0歳児分は特別の計算方法にしているので改めるもの

いずれも区民の声をもとに提案したものです。可決するように頑張ります。

2019年2月19日 (火)

ようやく加算運賃引き下げ(京急空港線)

本日、京急電鉄より「加算運賃の引き下げ実施に関するお知らせ」が大田区議会議員あてに連絡がきました。

京浜急行空港線の加算運賃が現行の170円から50円に引き下げます。

この間、大田区議会でも加算運賃引き下げ・廃止を求めていました。

しかし、実施時期は10月1日です。なぜ、4月1日からにしないのでしょうか。

20190219161824874_0001

2019年2月18日 (月)

国保料があがる! ストップさせよう

2月16日、大田区国民健康保険運営協議会が開かれました。

提出された資料から保険料があがることが分かりました。

一人あたりの保険料12万1988円(平成30年度)

           ↓

一人あたりの保険料12万5174円(平成31年度)

一人あたり年3,186円の引き上げとなります。

均等割額も5万1千円から5万2200円と引き上げとなります。

現在でも高すぎる保険料のために約1/3が滞納・未納状況です。

これから議会に値上げの案が提出される予定です。

国保料の値上げを許さない運動が必要です。みなさん、ご協力ください。

20190218124411531_0001


20190218124426357_0001

2019年2月 8日 (金)

児童虐待の未然防止に向け警察と協力協定

児童虐待の未然防止に向けた協力協定の締結
大田区と区内警察5署(大森・田園調布・蒲田・池上・空港)と協定を締結することになりました。
区内でDV被害者を出さないためにも児童相談所の職員に増員と相談できる信頼関係をつくることが求められます。

20190208155752031_0001

2019年2月 6日 (水)

リニア中央新幹線 要請行動

今、大田区東雪谷ではリニア中央新幹線に伴い東雪谷1丁目に「東雪谷非常口新設工事」を行っています。この間、近隣住民から様々なご要望・ご意見を頂きました。今回、東雪谷工事所を訪ね、進捗状況と要請書を手渡しました。工事所長が応対してくれました。とても丁寧な対応でした。「JR東海には要請書をお渡しします」と回答しました。

これからも住民の声を届けていきます。#リニア中央新幹線は中止を

写真はNGでしたので工事所の前での写真です。

荒尾区議・かち佳代子元都議・住民のみなさんとの写真

Img_1679_2



手渡した要請書はこちら

20190206161025048_0001

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »