ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 28日から大田区議会第四回定例会が始まります | トップページ | 手話講習会支援充実についての要請 »

2018年12月11日 (火)

大田区議会第四回定例会おわる

12月7日、大田区議会第四回定例会が終わりました。

以下、主な点をご紹介します。

 

 松原区長 4選目出馬表明

松原区長が自民党の代表質問に答える形で出馬表明を行いました。

区長は初当選した年に公約の1つでもある「区長の任期に関する条例」いわゆる多選自粛条例を自ら提案し制定しました。

しかし、この条例を廃止する条例を提案し可決されました。いわゆる公約を破ったわけです。

 陳情・請願が16件が不採択

請願・陳情は区民の願いです。別紙に添付した一覧表をみても分かるように自民・公明党は本会議で討論もせずにすべて不採択としました。

 共産党区議団が4件の条例提案

❶費用弁償(交通費相当1日3000円)を実費支給にする条例

❷マタニティパス条例 妊婦に交通系ICカード(6000円)を支給し、妊娠のお祝いと外出支援をする

❸保育施設等職員応援手当 現在、保育士のみ1万円支給をすべての職員に支給する

❹商店街お休み処活性化補助金交付条例 今ある制度を拡充する提案です。

条例提案は残念ながらすべて否決をされてしまいました。

党区議団は区民の願い・要求をこのように条例という形にして提案を行っています。引き続きみなさんの声を伝えていきます。

20181211173142732_0001

« 28日から大田区議会第四回定例会が始まります | トップページ | 手話講習会支援充実についての要請 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 28日から大田区議会第四回定例会が始まります | トップページ | 手話講習会支援充実についての要請 »