« 都議会議員選挙 共産党19議席 | トップページ | なぜ?臨海斎場使用料値上げ »

2017年7月10日 (月)

国民健康保険は社会保障です

みなさんのご自宅に国保料の納付書が届いていると思います。

大田区役所に国保の問い合わせが殺到しています。(写真1)

20170710112835753_0001「なぜこんなに保険料が高いのか」「収入が変わらないのになぜ保険料が上がっているのか」などの声です。

共産党区議団は国民健康保険は社会保障の一環であり国が責任を持って行うべきだと考えています。(国民健康保険法第一条  この法律は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もつて社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とする。)

しかし、高すぎる国保料が生活を圧迫しています。わが党は繰り返し国が責任(国庫負担金を50%にすること)を果たし国保料の引き下げを求めています。

国保料の納付書と同封されている「おおたの国保」ではこの国の責任が明記されていません。パンフではこのようにかかれています。

「加入者のみなさんが病気等にそなえ保険料を出し合い助け合い、区市町村(大田区)が運営しています」とあります。

Photo


そのために国保加入者に大きなしわ寄せ(高額な保険料)が来ています。

共産党区議団はこれからも国庫負担金の引き上げなどを行い国保料の引き下げを求めていきます。

« 都議会議員選挙 共産党19議席 | トップページ | なぜ?臨海斎場使用料値上げ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都議会議員選挙 共産党19議席 | トップページ | なぜ?臨海斎場使用料値上げ »