« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月24日 (火)

大田区議会議会役職決まる

自民・公明党で約9割を占める。

大田区議会議会役職改選
昨日、改選が行われました。(議長・副議長・委員長・副委員長・監査)24役職
結果 共産党 9名中1名 
   自民党 16名中12名
   公明党 12名中9名...
   民進党 5名中2名

共産党区議団は委員長互選は合意形成を図るために指名推薦を求めましたが、投票となりました。そして投票結果は自民・公明・民進党が同じ議員名を書き委員長・副委員長が決まるということが起きました。事前に打ち合わせでもしたのでしょうか? 
この間、共産党・維新・緑・ネット・フェア民の14名の連名で要望をしてきました。引き続き改善を求めていきます。
ちなみに私は総務財政委員と防災対策特別委員になりました。20160524181439319_0001


2016年5月19日 (木)

大田区議会の民主的運営を

大田区議会の民主的運営を

現在、大田区議会は議会役職(議長・副議長・委員長・副委員長・監査)の24の役職のうち自民・公明党だけでおよそ9割の21役職を占めています。大田区議会第三党の共産党9名は議会役職ゼロ。
ちなみに民新当は5名の議員団で委員長1名副委員長1名です。
異様な状態が続いています。写真参照してください。

大田区議会の自民・公明・民新党の幹事長あてに超党派で申し入れを行いました。(共産・維新の党・生活ネット・緑の党・フェア民:14名連名)以下が要望内容です

私たち超党派の議員は、大田区議会の民主的な運営に関わり、特に以下の点について要望いたします。
少数意見の尊重は議会制民主主義において欠かせないものです。大田区議会自ら改革につとめ区民の信託にふさわしい議会であるために、議論を尽くされ実現に努力されるよう要望いたします。
              記
1. 代表者会議、幹事長会、議会運営委員会における議論には少数会派を含め、すべての会派の意見が反映出来るようにすること。
2. 役職選出にあたり委員会の正副委員長、理事、付属機関委員については会派議員数に応じて選出し、交渉会派以外についても適宜配分すること。
3. 本会議、委員会での質問のあり方を検討し、議員の発言の自由を最大限保障すること。
4. 一人会派の質問時間年40分、二人会派の同80分の定例会毎の割り振りについては個々の裁量に委ねること。
5. 委員会の委員構成については、少数会派の希望を十分に尊重して、定数は柔軟に対応すること。
                        以上
なお、今期の議会役職は23日の臨時議会で各委員会で決定します

2016

2016年5月12日 (木)

川に自転車を捨てるのはやめましょう

 私の通勤路である呑川沿い。

ふと見るとなんと自転車が浮かんでいるではありませんか。

大田区では呑川の清掃を行っていますが、年間で約950万円かかっています。

みなさん、川に自転車を捨てるのはやめましょう。Img_5894


Img_5893

2016年5月 9日 (月)

待機児229人 異議あり!

本日、大田区議会こども文教委員会で4月1日現在の待機児数を発表しました。

229人

大田区の発表した待機児数は229人

異議あり!

今年4月入園の申し込み数は4514人。不承諾数(第一次)は1786人

認可保育園に申し込んだけれど入れない人が1786人。

しかし、大田区発表の待機児数は229人。

この数字の差は認証保育所・保育ママ・定期利用などで子どもを預けている場合はこの待機児数には入っていません。

私は国の最低基準をクリアした認可保育園に申し込み入れなかった子どもを待機児数としてカウントすべきだと考えます。

大田区が発表した229人の待機児解消対策では問題は解決しないと考えます。

そして待機児解消は認可保育園の増設こそです。

20160509150220548_0001

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »