« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月25日 (金)

待機児ゼロ提案 自公民維反対

本日、大田区議会第一回定例会が閉会しました。

来年度の予算(案)が賛成多数で可決となりました。

党区議団は区民の切実な願いである待機児ゼロにするため、認可保育園増設の予算編成替えを求める動議を提出しました。中身は今ある予算案に対し認可保育園20か所分の開設補助費をくわえたものです。

しかし、自民・公明・民主党・維新などの反対多数で否決となりました。

理由は「現実的ではない」でした。

口では待機児解消といいますが、具体的な行動はこのように反対をする。

今、保育園に入れなかった保護者は仕事を辞めなければならない瀬戸際に立っています。

このような区民の声にこたえることが政治の役割だと思います。

実際に出した提案はこちら

20160325

2016年3月15日 (火)

大田区がセブンイレブンと協定締結

大田区がセブンイレブンと協定締結
大田区は「大田区こどもSOSの家」事業に取り組んでいますが、このたびセブン・イレブンジャパンと事業の協定を結びました。
この事業は緊急に助けを求めることが出来る避難場所として設置するものです。
現在、区内にセブンイレブンは128店舗あります。防犯カメラは否定をしませんが、やはり人の目が大切だと考えます。

Sos_01

20160315124327451_0001_2

2016年3月 7日 (月)

議会改革 自民・公明・民主党など反対

本日、大田区議会定例会において「大田区議会の開会にかんする陳情」が自民・公明・民主党などの反対により不採択になりました。

陳情の趣旨・理由は「平日の日中以外にも傍聴できるようにせめて1年に一度くらいは平日の日中以外に本会議か委員会を開会すること」でした。

現在は平日の日中しか行われておらず、学生や働いている区民が傍聴できない状況を改善してほしいとのあたりまえの要求です。

しかし、自民・公明・民主党などが「人件費がかかる」などの理由で不採択としました。

開かれた議会にするためには休日・祝日・夜間など区民が傍聴しやすい環境を整えるの必要だと考えます。

それが「人件費がかかる」との理由で不採択にする。私には理解できません。

出された陳情はこれ

20160307192931440_0001

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »