ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 国民健康保険に関する申し入れ IN 大田区 | トップページ | がん検診を無料に戻すことを求める陳情 不採択 »

2014年6月12日 (木)

集団的自衛権行使を容認する解釈改憲を行わないことを求める意見書 不採択

本日、大田区議会定例会において集団的自衛権行使を容認する解釈改憲を行わないことを求める意見書が自民14名・公明党12名・民主党(6人中4人)の反対により不採択となりました。

採択を求める賛成は共産党9名民主党2名生活ネット1名緑の党1名改革民主1名です。

意見書はこちら「20140612.doc」をダウンロード

私は意見書の採択を求める賛成討論を行いました。

討論原稿はこちら「2014061201.docx」をダウンロード

特に公明党に呼びかけました。

朝日新聞の一面にはこうも書かれていました。公明難色「論点多く残っている」公明党は閣議決定に応じない考えを崩していない。とあります。また、創価学会広報室が517日に見解をだしています。 「私どもの集団的自衛権に関する基本的な考え方は、これまで積み上げられてきた憲法第9条についての政府見解を支持しております。したがって、集団的自衛権を限定的にせよ行使するという場合には、本来、憲法改正手続きを経るべきであると思っております」。との内容です。昨日は「公明党は平和の党である」と発言がありました。そうであるならばぜひ、解釈改憲を許さない意見書に賛成し言葉だけでなく態度でも示して頂きたいことを願っています。

このような呼びかけも賛同は得られませんでした。

解釈改憲は立憲主義の否定であり憲法9条をないがしろにするものです。

意見書は不採択になりましたが、引き続き呼びかけていきます。

« 国民健康保険に関する申し入れ IN 大田区 | トップページ | がん検診を無料に戻すことを求める陳情 不採択 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国民健康保険に関する申し入れ IN 大田区 | トップページ | がん検診を無料に戻すことを求める陳情 不採択 »