ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ペットの災害対策ガイドライン | トップページ | ガーデンパーティー IN 洗足池 »

2014年4月15日 (火)

生活保護費基準の改定

本日、大田区議会保健福祉委員会において今年度生活保護基準の改定について(第70次改定)の説明がありました。

担当課長から説明がありました。

その時の資料です「20140415.pdf」をダウンロード

内容がわからない

皆さんも資料を見てお気づきになったと思いますが、2の主な改定内容で②~⑪の内容は「増額変更または減額変更になりました」とあるだけでいくらからいくらになったのか全く分かりません。そこで共産党の和田区議が「実際にいくらに変わったのか。わかる資料を提出してほしい」と資料の要求をしました。

欲しい人がもらえば・・・

資料要求を委員長にしたところ共産党を除く自民・公明・民主党の委員から賛同が得られませんでした。私も意見として「生活保護は最後の命綱であり保健福祉委員会としてしっかりと認識をすべきであり資料を提出するべき」と発言をしましたが、他党の委員からは「個別でもらえればいい」「欲しい人がもらえば」との声がありました。

私はこの発言を聞いてびっくりしました。区民から相談や質問が来ないのでしょうか。

私は議員になって貧困対策を大きな課題の1つとして取り組んでいます。そのためにも生活保護は国が定めた最低基準でありここをしっかりとつかむことが大切だと考えます。

今回の他党の対応には大きな不満が残りました。

« ペットの災害対策ガイドライン | トップページ | ガーデンパーティー IN 洗足池 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペットの災害対策ガイドライン | トップページ | ガーデンパーティー IN 洗足池 »