ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« (仮称)大田区公共の場所における客引き客待ち行為等の防止に関する条例のパブリックコメント始まりました | トップページ | 指定管理者は儲かる? »

2013年12月 2日 (月)

大田区の生活保護受給者

本日、保健福祉委員会が開かれました。

その中で「大田区における生活保護の実施状況について」の報告がありました。

資料はこちら「20131202124839910.pdf」をダウンロード

①保護受給者の年齢構成の推移

②住所がないか定かでないもので生活保護を開始した者の保護状況

2008年4月~2013年4月の推移で注目する点は

18歳~64歳までの割合が35、9%から44.5%に急上昇しています。

生活保護の理由には①高齢②片親③疾病④障害⑤その他に分類されますが、特に割合として増えているのが⑤その他の分類です。7.6%から16%に2倍以上になっています。

これから見えることは18~64歳(稼働年齢)、⑤その他、人たちが増えているということは失業や解雇などで仕事がなく収入が途絶え、生活保護に陥っていることが推測されます。

生活保護受給者を解消するには安定した雇用、生活ができる賃金にすることが急務です。

このような状況は大田区だけでなく全国でもいえると思います。

共産党は参議院で「ブラック企業規制法」を議員立法しています。働くルールを守らせサービス残業をなくして安定した雇用を増やすために国、都、区と連携をして取り組んでいきます。

« (仮称)大田区公共の場所における客引き客待ち行為等の防止に関する条例のパブリックコメント始まりました | トップページ | 指定管理者は儲かる? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (仮称)大田区公共の場所における客引き客待ち行為等の防止に関する条例のパブリックコメント始まりました | トップページ | 指定管理者は儲かる? »