« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月28日 (火)

保健福祉委員会 副委員長になりました

5月24日、大田区議会臨時会が開かれました。合わせて常任委員会、特別委員会、議会運営委員会が開かれそれぞれの役職が決まりました。

私は保健福祉委員会の副委員長、防災・安全対策特別委員会委員、議会運営委員会委員の3つの委員会に所属することになりました。任期は1年間です。

みなさんの声を届け実現のために頑張ります。

以下が区議会の新体制です。

http://www.city.ota.tokyo.jp/gikai/shoukai/iinnkaimeibo.html

みなさんはどう思われますか?

臨時会において「東京都後期高齢者医療広域連合議会議員選挙における候補者の推薦について」の推薦する候補者を決める選挙が行われました。

各党から推薦者を提案しました。投票結果は以下の通りです。

清水菊美(共産)10票 田中一吉(自民)35票 北澤潤子(生活ネ)3票

議会の党派ごとの議員数は以下の通りです。

共産9名 自民16名 公明12名 民主6名 生活ネ2名 みんな2名 緑1名 無1名

この投票数を見てみなさんはどのように思われますか? 

2013年5月27日 (月)

ライラック祭り2013

26日、久が原駅前にあるライラック商店街でライラック祭り2013が行われました。

商店街の前の道路を通行止めにしてステージを作って生バンドの演奏や模擬店などが出店されていました。

天気も良く子ども達も多く参加をしていました。

商店街は「地域の公共財産」です。地域コミニュティーの核をなすものです。

昨年12月、日本共産党都議団は「買い物弱者をなくし、魅力ある商店街づくりに向けた東京都への提言」を発表しました。

http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2012/20121226110056.html

ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

かち佳代子都議と力をあわせ商店街振興に努めていきます。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

2013年5月24日 (金)

橋下市長の発言撤回、公職の辞任要求 IN 蒲田駅

24日、昼 JR蒲田駅東口で女性団体で国連NGOでもある新日本婦人の会が橋下市長の発言撤回、公職の辞任を求めて宣伝を行っていました。

Photo

配布されていたビラはこちら

「20130524124238451.pdf」をダウンロード

橋下市長の発言は国内だけでなくアメリカ・韓国などでも怒りの声が噴出しています。

女性をもっぱら性の対象としか見ていない。このような感覚では市民や国民の人権を守れないと思います。

橋下市長は発言を撤回し謝罪をすべきです。

2013年5月23日 (木)

共産党演説会 IN 有明コロシアム

22日、江東区の有明コロシアムで志位和夫委員長を迎えて演説会が行われました。

私も大型バスを借りて地域のみなさんと一緒に参加をしました。

会場いっぱいの人・人・人でした。

Photo

6月の都議選、7月の参院選挙の争点が何かをわかりやすく志位和夫委員長が話しました。

以下、しんぶん赤旗より5/23付より抜粋

志位氏は都議選・参院選を貫く「五つの大争点」―暮らし・経済、原発、「アメリカいいなり政治」、憲法問題、歴史問題―を解明し、参院選では「自民党対共産党」、都議選では「オール与党対共産党」という対決軸を際立たせました。

①暮らしと経済

 安倍内閣が最大の売りにしている経済政策「アベノミクス」。賃金や中小企業、設備投資という経済の土台では落ち込みが続く一方で、一握りの富裕層には巨額の富が転がり込む経済がまともといえるのか―。志位氏はアベノミクスの実態を解き明かしながら、「政府が率先して『投機とバブル』をあおり立てるのは邪道です」と指摘しました。

②原発問題

福島原発の実態と自らの視察も踏まえ、政府に対し(1)「収束宣言」を撤回する(2)再稼働は論外(3)即時原発ゼロの決断―3点を要求。

 「日本最大の電力消費地、首都・東京から原発即時ゼロ・再生可能エネルギーへの転換の流れを共産党の躍進でつくろう」と訴えました。

③アメリカいいなり

 第三の争点は「アメリカいいなり政治」を続けていいのかです。

 環太平洋連携協定(TPP)、米軍基地国家という二つの問題から語りました。

④憲法をめぐる対決

 第四の争点は、憲法をめぐる対決です。

 改憲派が、憲法9条改定の「突破口」として憲法96条の改定―改憲手続きの緩和―を押し出したことに、各界から批判が広がり、「動揺と混迷」が始まっていると指摘。「ここは攻めどころです。このたくらみを断念に追い込むまで国民的包囲を強めよう」と力説しました。

歴史問題での対決

 第五の争点は歴史問題をめぐる対決です。

 安倍内閣のもとで過去の侵略戦争と植民地支配を正当化する歴史逆行の勢力が本性をむき出しにし、一大国際問題となっています。

  「都議選・参院選で逆行勢力に厳しい審判を下そう。暗黒時代に侵略戦争と植民地支配に命がけで反対を貫いた党として先頭にたって奮闘する決意です」と表明しました。

 都議選について

 「都政ではさらにわかりやすい政党状況が展開しています」と続けた志位氏。猪瀬都政のもとで、自民、公明、民主、維新、みんなの各党が、知事提出の議案に100%賛成している事実を示し、「『オール与党でいいのか』こそが大争点です。『オール与党対日本共産党』の対決構図のなかで、大激戦を勝ち抜こう」と訴えました。

Photo_2 Photo_3

2013年5月19日 (日)

大田スポーツサミット2013

18日、午後 大田区民プラザで大田スポーツサミットが行われました。

私は区議会でスポーツ・観光推進特別委員会の委員でもあり、参加してきました。

2部の構成になっていて1部は基調講演として川渕三郎氏(日本サッカー協会最高顧問)が「夢があるから強くなる」と題して行いました。

2部は「スポーツでまちづくり、ひとづくり」と題してシンポジウムが行われました。

私は所用のため最後までいることはできませんでしたが、基調講演の中で川渕氏の地域に根ざした密着したチームづくりの取り組みには感銘を受けました。

サッカーのJリーグ発足までの苦労話や裏話などを交えて笑いがでるなどとても話が聞きやすかったです。

特に印象に残ったのはやはり地域でどのようなコミュニティを作るのかでした。川渕氏はスプーツを通じて、地域にクラブハウスをつくり老若男女が集える場所作りをめざしていると受け止めました。東日本大震災の教訓から地域での繋がりの強化が求められています。行政がそのような取り組みをしっかり支えることが大切だと感じました。議会としてもしっかりと連携をしていきたいと思います。

講演中は「カメラ・ビデオはお控えください」と言われていましたが、講演後の花束贈呈の時は「写真を撮る方はどうぞ」と言われたので自慢のアイフォン5で写真を撮りました。

Img_6734

2013年5月18日 (土)

雪谷中学校運動会

本日、地元の雪谷中学校で運動会が行われました。

私は来賓として招待がきましたので遠慮なく参加をさせていただきました。

私は所用のため2時間弱で中座をしましたが、「がんばれー」と声をかけるほど、生徒の皆さんの熱心な取り組みには感動しました。

Photo

Photo_2

クラスごとの応援ボードがあり工夫が施されていました。

Photo_3

今日は体育日和で皆さん本当にお疲れ様でした。

写真は競技中での一部です。

生徒の皆さん、教職員、PTA、地域の皆さん本当にお疲れ様でした。

Photo_4 Photo_5

2013年5月16日 (木)

iphone5 変えました

私、携帯電話を機種変更しました。

そーです。iPhone5 です。

今までは二つ折りの携帯。(ガラケーというそうですが)

スマホは初めてです。操作方法がよくわからない上にタッチスクリーンを人差し指で押しているのですが、希望するボタンの隣を押してしまうことも多々あり、悪戦苦闘しています。

党の方針としてSNSの活用が求められているのですが、実はツイッターをやろうと決意して機種変更をしましたが、操作方法をしっかりとマスターすることから始めたいと思います。

そして準備ができ次第ツイッターを始めたいと思います

Keitai

2013年5月10日 (金)

区内施設の視察

共産党大田区議団は区内施設の視察を行いました。

視察先は下記の施設です

午前

①おおたみんなの家保育園②池雪小学校③ケアハウス・ハート(都市型軽費老人ホーム)

午後

④古川こどもの家⑤本蒲田児童館⑥大森北児童館

①おおたみんなの家保育園は私立保育園で新幹線のガードに隣接していることでこども達がどのような影響があるのか、また工夫されているのかを視察しました。①のみ、福井は視察していません。②~⑥は参加しました。

Photo Photo_2

②池雪小学校は区内最大の児童数。千名を超えています。教室不足の可能性や体育授業がどのように工夫されているのか。校長先生にお話しを伺いました。

③ケアハウス・ハートは大田区で初めての都市型軽費老人ホームです。特養ホームと合わせてこのような施設も今、求められていると考え視察をしました。社長が対応してくれました。

Photo_3

午後

④古川こどもの家は5月にオープンしたばかりの施設です。グループ保育室も隣接しておりどのような連携ができるのかも含めて館長にお話しを伺いました。

Photo_4

⑤本蒲田児童館は今年4月から民間委託をされた児童館です。引き継ぎの問題やどのような工夫をして特色をだしているのかを館長からお話しを伺いました。

⑥大森北児童館は来年4月から民間委託をされる予定の児童館です。現状の取り組みと引き継ぎに対しての要望や懸念などを館長からお話しを伺いました。

Photo_6

今回、視察をさせてもらって特に児童館の委託についていくつか考えさせられました。6月の議会で質問の活かしていきます。

2013年5月 7日 (火)

御嶽山駅&久我原駅の多機能トイレ新設

連休が明けて控室に行くと5月2日付でまちづくり推進部から「東急池上線御嶽山駅、久が原駅の駅構内多機能トイレ新設に伴う旅客トイレ立替工事について」の文章が区議会議員あてに配布をされていました。

下記が配布されていた文章です

御嶽山駅

「20130507170552506_0001.pdf」をダウンロード

「20130507171127470_0001.pdf」をダウンロード

久が原駅

「20130507170608145_0001.pdf」をダウンロード

「20130507170538240_0001.pdf」をダウンロード

2013年5月 6日 (月)

伊藤豪くん&石田ちひろさん 結婚を祝う会

5月3日、知人の結婚を祝う会が大井町のきゅりあんで行われ出席しました。

「伊藤豪くん&石田ちひろさん」です。石田ちひろさんは品川の区議会議員です。品川区は大田区と隣接をしていますので品川区議団と連携をとって政策をすすめることは少なくありません。そのような関係もあり、今回、招待されました。

Photo Photo_2

今回は「祝う会」ですので実行委員の皆さんが連日、寝食をを忘れて?準備されました。実行委員の皆さん本当にご苦労様でした。私は実行委員ではないのでしっかりと食べて、飲んで素敵な時間を過ごさせてもらいました。

このような祝う会での楽しみの1つはスライドなどで生い立ちを含めて紹介することだと思います。今回もしっかりとありました。

Photo_3

また、共産党品川区議団も余興の1つとして寸劇を行いました。

Photo_4

こどもを連れての参加者も多く華を添えました。

Photo_5  中央の男性は品川で活動している白石さん

豪くん、ちひろさん、末永くお幸せに!

2013年5月 1日 (水)

第84回 中央メーデー

Photo_8 本本日、代々木公園で第84回メーデーが行われました。

今回のメインスローガンは

●大企業の内部留保還元、賃上げ、安定した雇用と仕事の確保。全国一律最賃千円以上の実現。貧困と格差の解消。労働時間短縮、長時間過密労働をなくせ。リストラ「合理化」反対。地域経済を守れ。

●消費税増税・TPP参加阻止。社会保障拡充の安心社会へ。震災の早期復興、原発ゼロ。

●憲法改悪・戦争する国づくり反対。平和外交の強化。普天間基地の即時撤去、オスプレイの配備撤回。核兵器の全面禁止。

●議員定数削減反対。民意反映の選挙制度実現。国民本位の政治転換を

今回の参加者は2万1千人

11時から式典があり、そのあと3コースに分かれてデモ行進になりました。私は明治公園コースで恵比寿駅まで歩きました。

メーデーの名物と言えばデモ行進をする時の車のデコレーションです。様々な工夫が施されていました。

Photo

Photo_2 Img_1550_convert_20130501144836 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7

メーデー

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »