« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月29日 (金)

マッサージ機が納入されました

先日、千束いこいの家のマッサージ機のことをブログでお伝えをしましたが、利用者の方からマッサージ機が納入されたとの連絡がありました。

さっそく現地に行って管理者にお話を聞きました。

「新しいマッサージ機が設置されてみなさん本当に喜んでいます」と話されました。

設置されている場所を見学をさせていただきました。みなさん喜んで利用されていました。

写真は利用者のみなさんです

Photo

2013年3月27日 (水)

なぜ、保育園増設の動議が否決

本日、大田区議会にて来年度の予算が賛成多数によって可決しました。

日本共産党大田区議団は保育園の待機児童問題の深刻さ、区民の声を踏まえ、来年度予算の組み替え動議を提出しました。

待機児解消のための保育園増設

中身は認可保育園を10園増設するための建設費用を来年度に加える。このことだけです。

ちなみに認可保育園の建設費用は国と都からそれぞれ補助金がでますので大田区としての支出は1園あたりわずか3200万円です。(国、都、区を合わせて1億6000万円を想定しています)

先日の予算特別委員会では多くの会派が待機児童問題について質問しました。

深刻な区民の状況を見れば認可保育園増設は緊急の課題で取り組まなければなりません。

しかし、自民・公明・民主・みんな・生活ネットなどが反対のため否決されてしましました。

共産党の提案だから反対?

なぜ、否決なのでしょうか。ある与党議員が「お前らの提案は無理だ」と発言をされました。中身を審議せず共産党の提案だから否決するのでしょうか。それならば、与党が提案してもらいたいものです。わが党は中身がよければ賛成をします。

子どもが保育園に入れずに困っている人がいます。仕事を辞めなければいけない人がいます。このような区民の悲鳴が聞こえるならば党派を超えて認可保育園の増設を緊急の取り組むようみなさんに呼びかけたいと思います。

2013年3月26日 (火)

終了式

25日、子どもの通っている小学校で終了式があり、通知表を持ってきました。

私の考えは健康が一番と考えていますが、その通りの結果でした。

下の写真を見てください。

Photo

欠席はありませんでした。まずは元気に学校に行くこと。このことだと思いました。

そして学校で育てていたチューリップを持ち帰っていました。

Photo_2

2013年3月25日 (月)

石川台希望ヶ丘商店街 春祭り

24日、地元の希望ヶ丘商店街で春祭りが行われました。

商店街の中に事務所をかまえていることもあり、事務所前でフリーマーケートに取り組みました。衣類を中心でしたが、事務所前には人だかりが。収益は東日本大震災の義援金となります。

Photo_2 

Photo_3

春祭りでは消防署、警察署に協力を頂いて、消火器の訓練をしたり、白バイに乗ったりすることも子どもたちには人気のイベントとなりました。

Photo_4 Photo_5

今回、私も、来賓あいさつをさせてもらいました。

自民党の衆議院議員が「いっぱい買い物をして下さい。それが消費につながり景気がよくなります」とあいさつをしました。

しかし、買い物をしたくても所得が増えなければ消費することができません。やはり所得を増やすことがなりよりも大切です。大企業の内部留保を賃金に還元することを共産党は提案しています。

2013年3月21日 (木)

東調布公園 滑り台

先日、東調布公園の前を通ったところなんとあの巻貝?ソフトクリーム?のような滑り台の修繕が終わり子どもたちが遊んでいるではありませんか。

管理者の方に話を聞きましたが、とても子供たちに人気があり、休日ですと順番待ちの列ができるそうです。

東日本大震災の影響で土台が傾き危険と判断し使用が中止となっていました。約2年間かかりましたが、修繕が終わりました。

費用は855万円でした。以前、公園遊具の破損により子どもがけがをすることが他の都市でありました。大田区でこのようなことがないように再度、点検、修繕を求めていきます。

130319_092803 130319_115514

2013年3月19日 (火)

雪谷中学校 卒業式

19日、午前、区内中学校で卒業式が行われました。

私は、雪谷中学校の卒業式に参加をしました。

3年間通った学び舎。3年間の思い出がみなさんにあると思います。

その気持ちが歌に込められていたと思います。

んー「旅立ちの歌」は本当にいい歌ですね。思わず涙が・・・・

みなさん卒業おめでとうございます。これから新たな出会い、挑戦となります。頑張ってください。

130319_093152 130319_115201

2013年3月18日 (月)

さくらフェスティバル 洗足区民センター

17日、洗足区民センターにて「さくらフェスティバル」が行われました。

今年度から管理・運営が指定管理者として株式会社に替わり、約1年が経ちます。一層の地域交流の場として親しんでもらう施設の浸透のために企画されました。

Photo

招待状が来ました。上:写真

現場の所長さんたちは本当に頑張っている様子がわかりました。

党区議団は働いている人たちが悪いのではなく、指定管理者制度そのものに問題があると考えています。その1つが働き方です。

所長にお話しを伺いました。管理の人数は社員5名スタッフ(アルバイト)7名。シフト勤務で常時人がいる人数は社員2名、スタッフ3名で行っているとのことでした。

このフェスティバルに向けて発表の場が設けられていました。このことはとてもいいことだと思います。物事はただ練習するだけでなく発表の場があるとモチベーションが高まります。地域でこのような発表の場をもっと作って欲しいものです。

Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5

2013年3月17日 (日)

仲之橋 開通式

仲池上、久が原の皆さん、お待たせを致しました。

仲之橋が開通致しました。

建設期間1年6ヵ月。工事費約3億5千万円。

16日、11時に仲之橋の開通式が行われました。

私も来賓として参加しました。

この仲之橋は私の通勤コースでもありとても重宝していましたが、1年6ヵ月間はずーと迂回をしていました。

開通式は地域の皆さんも大勢参加していて本当に待たれていたことがよくわかりました。

開通式のあとはなぜか?お餅が振舞われていました。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

2013年3月16日 (土)

翔太 誕生日 4歳

息子の翔太が14日、4歳になりました。

親がいなくても子は育つといいますが、妻にばかり負担をかけているのが現状です。

今まで土日はほとんど一緒にいることができないので、せめて月1回、土日のどちらかは一緒に過ごすようにしたいと思います。

それにしても子どものおもちゃは高いですよね

Img_8581 Img_2332

2013年3月13日 (水)

3/13全国統一行動 雪谷地区決起大会

内需主導経済への転換めざし、大企業減税・庶民増税阻止、社会保障拡充、仕事・雇用を増やして安心の国民生活を

3・13重税反対全国統一行動は、平和で安心して働き生きることを願う団体・個人が、重税反対の一点で団結して1970年に開始しました。毎年、全国約600カ所、約20万人が参加し、財務省・国税庁・税務署・自治体などに重税反対と税務行政の民主化を求めて要請を繰り広げ、「納税者の権利を守れ」「税金は、応能負担で。生活費に課税するな」「消費税大増税は許さない」「税金滞納者の人権を守れ」などの世論を広げてきました。(全商連HPより)

私は来賓として参加をし税務署までの集団申告のデモ行進に参加しました。

Photo
 以下が大会で決議した内容です

「20130313170307442.pdf」をダウンロード

2013年3月 8日 (金)

松原区長に待機児解消へ 緊急申し入れ

8日、日本共産党大田区議団は認可保育園入所に関する緊急申し入れを行いました。

本日付の朝日新聞などで昨日の異議申し立ての報道がされました。

党区議団は保育園に預けることが出来ずに4月から仕事を辞めざるを得ない状況に置かれている保護者の声を伝え緊急に対策を行うように求めました。

松原区長は「待機児ゼロをめざしてがんばりたい」と答えました。

遠藤副区長は「需要(待機児)が多いことは承知している。需要見込みが甘かった。前倒し(保育所の増設など)を含めて検討したい」と答えました。

現に困っている方がいます。今月中に結果を出すよう党区議団として区に強く求めていきます。

Photo

2013年3月 7日 (木)

保育園に入れない 異議申し立て

3月7日、認可保育園に入れない保護者のみなさんが大田区長に対して集団で異議申し立てを行いました。11組14名が提出をしました。

事前に読売新聞や東京新聞が報道したこともあり「新聞を見てきました」「ツイッターを見ました」などで集まりました。

Photo 

写真は取材陣

異議申し立ては保育サービス課長らが対応しました。

Dscf1694

申し立てえを行った方にお話しを伺いました。

Aさんは「大田区からは待機児対策の説明を受けました。しかし、困っている現状を伝えると『今、取り組んでいるところです』と繰り返すだけでした。私は『やっている』というけれど実際に入れない現実を見てほしい」と話されました。

子どもを預けなければ仕事復帰ができません。区民の中で保育園に入れる人、入れない人がでる不平等を是正しなければなりません。認可保育園を行政の責任で待機児に見合う増設を求めていきます。

共産党区議団は区長に対して待機児の問題で、明日、緊急申し入れを行い対策を取るよう求めてまいります。

Aさんから申し立て書のコピーを頂きました。参考にされてみたらいかがでしょうか。

異議申立書

「20130307125825238_0001.pdf」をダウンロード

「20130307125825238_0002.pdf」をダウンロード

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »