ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 都営・区営申し込み相談会 | トップページ | 幸せは党派を超えて »

2012年11月10日 (土)

視察に行ってきました

8、9日と視察に行ってきました。今回の目的は自然エネルギーとそれに伴う雇用確保、仕事おこし、大阪ではビジネスマッチングについて調査しました。

8日、羽田空港から鳥取空港に

鳥取空港は羽田から1日4便就航されています。

Photo

鳥取県北町で風力発電についてお話を伺いました。

北栄町は風力発電で有名な町です。担当課長から説明を受けました。実は課長の子どもが現在、大田区に住んでいることが分かりとても和みました。

そして北栄町議会の青亀議長から歓迎の挨拶がありました。

風力発電の概要は1500KWの風車が9基。事業費が28億円(NEDO補助7億円、公営企業債20.5億円)収入はすべて中国電力へ売電。

売電の収入は2.5億円(年)でしたが、今年度から制度が変わり4.5億円へとなる見込みです。

説明のあと質疑応答になりました。

そもそものきっかけは平成の大合併で北栄町(北条町と大栄町)が誕生しましたが、北条町の町長さんの英断でした。

当時の北条町の税収入が約30億円。そこに20億円の借金で風車を9基つくる。

果たして私がそのとき議員だったら賛成したかなぁ・・・・。英断ですね

話を聞く中で雇用問題で質問をしました。風車を建設するときには地元の業者もかかわったことがあるそうですが、メンテナンスはドイツ製のため仕事は特定の代理店のみであり効果がありませんでした。国産にすれば多少変わるかもしれません。

また、今回の視察した風車は全長103M。国産で小型化することによって大田区の町工場への部品発注などが考えられるのではないかと思いましたが、効率の問題でむしろ大型化に進んでいることが話されました。

私、個人としては小型化をすすめて仕事おこしにつなげたいと思います。

Photo_2 Photo_3 Photo_4

そして、現場に行き説明を受けました。

そのとき公用車のマークに目を奪われました。

Photo_5

なんとコナン君です。名探偵コナンの作者の青山氏は北栄町出身。そのためこのようなとても目立つシールを張り、町おこしとして一役買っています。

9日、鳥取から約200キロ離れた大阪に行きました。(移動時間3時間)

産創館

大阪市が取り組んでいるもので経営に役立つ様々なサービスの提供や経営相談、セミナー、ビジネススクール、商談会などのサポートを行っています。

特に注目したのがビジネスマッチングです。

製造業の販路・技術提携先などを紹介する取り組みです。

マッチングナビゲーターと呼ばれる経験豊富な大企業などのOBが直接、中小企業などに訪問してその企業の得意分野や特徴などを他の業種への活用や各企業にあったマッチングを模索し、売り込みを行います。

特に関心したのはこのマッチングナビゲーターの熱意、思いでした。

文面ではうまく表現できませんが、ここがポイントのような気がします。このような方をどのように組織していくのか検討して大田区でも取り組みたいと思います。

また、創業支援も行っていてブースを貸し出すだけでなく相談、アドバイスも受けることを義務付けしていていました。

今回の目的は大田の町工場の技術をなくさずどのように継承し、仕事をマッチングしてことにありました。視察では実際に話を聞いて目からウロコのことも少なくありませんでした。今後の区政への取り組みに生かしていきたいと思います。

Photo_6 Photo_7

« 都営・区営申し込み相談会 | トップページ | 幸せは党派を超えて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都営・区営申し込み相談会 | トップページ | 幸せは党派を超えて »