« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月27日 (木)

歴史認識を疑う

24日、総務財政委員会で陳情に対する採択が行われました。

その中の1つに旧日本軍「慰安婦」問題の解決に関する陳情がありました。

私は、この問題は事実であり、政府の真摯な謝罪、補償が必要だと考えます。

しかし、他の政党の委員が「そんな事実はない」「証拠をだせ」と野次りました。

私は事実だと考える根拠は、裁判所の認定です。慰安婦問題の裁判は10件ありますが、そのうち8件が被害者たちの被害の実態を詳しく事実認定をしていることです。

裁判所が厳格な証拠調べをした結果認定しています。

他の政党は「法的に解決している」と述べました。

しかし、、日本政府に謝罪と賠償、歴史教育を求める決議が、アメリカや韓国などをはじめ世界各国で採択をされています。2009年には国連女性差別撤廃委員会から日本政府に対し勧告を出しています。つまり、海外の目は解決をしていないとみているわけです。

特に東南アジア諸国との友好な関係を築くためには、しっかりとした歴史認識が必要です。

戦争の真摯な反省が戦後の出発ではなかったでしょうか。

それを「あんなことはなかった」「解決すみ」を繰り返しては本当の友好関係は築けないと思います。

2012年9月20日 (木)

一般質問しました &  副委員長に選出

本日、区議会第三回定例会におきまして一般質問をしました。

私に与えられた時間は37分(質問時間25分、答弁時間12分)

8月のお盆あたりから質問項目を考えました。そしてマスコミなどがバッシングをしている生活保護の問題と予算要望懇談会で障がい者団体から出された要望の中で障がい者総合サポートセンターの24時間体制の問題、精神障がい者のアウトリーチの問題、9月から電気料金があがりますのでアウトソーシング(民間委託など)の契約の問題を取り上げることを決め原稿を作りました。

Dsc_0123_convert_20120927103143

共産党大田区議団の会議の中で原稿案をだし議論をしました。加筆、修正を繰り返して、そして団で作り上げたのが下記の質問です。ぜひ、ご覧下さい。 当局の答弁については正確なものを記したいので後日、報告したいと思います。それにしても当局の答弁はあまりにも一般的であり、現場の声を反映したものになっていませんでした。そのため、再質問、再々質問をしてしまいました。

注:再質問や再々質問は自分の持ち時間がある場合にできますが、2回までとの決まりになっています。もう一度聞きなおすことです。

「20120920.pdf」をダウンロード

いや、本会議での質問は緊張しますね。汗が止まりませんでした。

当局の答弁を聞いて、質問の内容は同じですが質問の仕方、聞き方を変えればもっとよい答弁を引き出せるのではないかと感じた点もありました。もっと、現場の声を聴いて質問に生かし、質問を磨きたいと思います。

副委員長に選ばれました

今回、決算特別委員会の副委員長に選出をされました。(拍手)

決算特別委員会は本会議とは別に決算を集中して審議するために特別に設けられた委員会です。審査日程は正式には28日に決定しますのでここではお知らせをすることはできませんが、しっかりと副委員長の任を務めたいと思います。

2012年9月19日 (水)

大田区議会 第三回定例会 始まる

今日から、大田区議会第三回定例会が始まります。代表質問は和田区議が行います。

私は、一般質問を明日、午後3時過ぎころに行う予定です。質問原稿製作中です。

共産党区議団は集団論議を行います。

質問者が原案を作り、論議をして加筆、修正を行います。特に、どう説明したらわかりやすく説得力を持つのか、表現1つ、助詞の使い方、接続語などもしっかりと話し合います。

ぜひ、傍聴をお願いします。

私の質問は

①生活保護の問題②障害者サポートセンターの問題③アウトソーシングの契約の問題

です。

2012年9月15日 (土)

合同誕生日会

14日、区内の某居酒屋で子どもの保育園の時の仲間と合同のお誕生日会をしました。

写真はケーキ

Photo

保育園では同じ組でしたが、違う小学校に通っている子どももいて、久しぶりに会う友達にみんな大興奮。いつも以上にはしゃいでいました。

着火!!ケーキといえばやはりローソクに火をつけて誕生日の子が火を消すのがメインイベントですね

Photo_2

久しぶりにあった友達と一緒にパシャ(注:写真のビールは保護者用です)

_

定期的にママ飲み、パパ飲みをやっていますが、日ごろの不平、不満、愚痴などを言い合ってストレスを発散したり、子育ての悩みを出し合ったりしてかなり有意義な交流会です。

3.11以降、「つながり」「絆」が言われています。交流会を重ね、横のつながりをしっかり作っていきたいと思います。

今回、私の任務はケーキを買って、会場まで届けるというとても大切な任務を仰せつかりました。見事、任務を果たし、質問準備に取り掛かりました。

それにしても、ビール飲みたかったなぁ。

2012年9月11日 (火)

保護者会  IN 池雪小学校

10日、娘が通っている小学校で保護者会がありました。

子どもたちが使用しているイスに座りましたが、小さくてお尻がちょっと痛かったです。

学校側からの報告を受けて保護者が一人ひとりこどもの様子を話しました。

参加者は20数名。母親が多く父親は私を含め2名でした。

教室に行くと子どもたちの絵が飾ってありました。

Photo Photo_2

お知らせ

扉がつきました。

4月の入学式の時に1年4組の教室の扉が鉄の扉だったことが分かり、5月のこども文教委員会で改善を求めました。

本日、保護者会で教室の前に行ったところ新しい扉(スライド式)が設置されていました。

Photo_3

Photo_4

下の写真は改修前の扉です

Photo_5

2012年9月 9日 (日)

介護シンポジウム

7日、日本共産党区議団は、介護シンプジウムを開きました。

パネリストに南雲晃彦(蒲田医師会会長ナグモ医院院長)、入野豊(介護支援専門員連絡会会長)、楳田政代(ヘルパーステーション責任者)、田村智子(日本共産党参議院議員)の4氏。かち佳代子都議のコーディネーターを務めました。

それぞれの現場の声が出されました。

共通していることは介護保険制度そのものが今、限界であり制度そのものを見直さなければならないことだと思います。

介護の現場、事業所、医師、国会での審議のやりとりなどとても興味深いものがありました。

特に南雲先生の話のなかで一人を介護するのに最低2.7人が必要であり、娘や嫁が一人で在宅介護するのは3ヶ月以内に嫁がたおれるか、家を出て行ってしまうだろうとの発言は実態そのものを示していて、早急に人員配置を見直さなければならないと思いました。

P1000304 P1000322

パネリストの発言を伺った後の参加者からの質問・意見の概略を紹介します

(清水菊美区議のブログより転載)
「障がい者も65歳以上になると、介護保険を使うように言われているが、介護と、障がい者とはサービスが違う、認定も低くなりがち、何とかしてほしい。」
 「介護5から2になった。良くなったとよろこんでいるが、電動車椅子が使えなくなった。通っているデイサービス施設の職員がパートや非正規の人ばかりで次々変わるので、利用者は不便である。「一つ一つ自分から言わないとやってもらえない」「言えない人は大変」という状況。塩分がきつい食事のチェックもされていない。」
 「頭蓋骨骨折事故にあってから介護を使うことになったが、介護保険制度は、当事者になるまで何も知らされていない。もっと周知・広報すべきではないか。行政はどこまでタッチしているのか。担当のケアマネが嫌がらせのような態度をしている何とかならないか。」
 「友人の義母が認知症で入院中だが、近く退院することになっている。友人は自営業で仕事もあり自宅での介護は困難。しかし友人の夫は施設入所は考えていない。友人の夫を説得するにはどうしたらよいか。」等々  時間が足りないほど発言がありました。パネリストの皆さんに応答してもらいました。 

 

2012年9月 2日 (日)

なつまつり

9月1、2日と地元の仲池上でお祭りがありました。

1日は通称:おすもう公園と呼ばれる公園で行われました。

ここの名物といえば、「こども相撲」。ちゃんとした土俵もあり、勝てば賞品がもらえます。昨年は確か、卵10個だった気がします。娘はわりと身長が高いほうなのでなんと男の子と相撲をとりました。結果は引き分けでした。こどもより親が一番盛り上がっていた気がします。

_

__ __2

2日は上池上商店街主催のお祭りでした。

割と小さな児童公園にぎっしりとひとが集まっていました。

ここの名物といえば「うなぎのつかみどり」

子どもだけが(たぶん小学生まで)参加できます。

結果は・・・・・・・・・うなぎ1匹 ゲット!! やったね!

うなぎは職人さんがゲットしたうなぎを捌いてくれました。

さっそく家で白焼きに。これを食べて明日からもがんばろう。

Photo

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »