« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月25日 (土)

生活保護問題 議員研修会

第4回 生活保護問題 議員研修会が8月24、25日に浦和で行われ、私も参加をしてきました。

サブタイトルは「生活保護200万人時代 地方行政に何ができるか」でした。

1日目は朝日新聞者の清川記者と花園大学の吉永教授の基調対談「生活保護の歴史的分岐点に、生存権保障を考える」が行われました。

特に「報道における2つの視点、価値観の衝突」には考えさせられるものがありました。

生活保護の問題は芸人の母親が生活保護を受給していたことが火種バッシングが起きています。

生活保護を受給人生を取り戻す人々がたくさんいますが、その報道はされていない。マイナスイメージ(不正受給、保護費急増)が走ります。

なぜ、生活保護受給者がふえているのかについてはまったくといっていいほど取り上げません。私は、このことをしっかりと伝え生活保護のプラスの側面に光をあてることが大切だと思いました。

埼玉県のアスポート教育支援員事業の取り組みについて報告がありました。

あるデーターがあります。それは生活保護世帯で育った子どもが大人になり4人に1人が再び生活保護を受けていることでした。

この貧困の連鎖の固定化をなくす取りみの1つがアスポートです。生活保護受給世帯の中学3年生に無料で勉強を教えるものです。生活保護受給世帯は家庭内も複雑な環境であることが少なくありません。家庭訪問を繰り返し行い、信頼関係を作って取り組んでいることが強調されました。

2日目は分科会で4つに別れました。私が選択したのは「生活保護費と地方財政」・「雇用状況と求職者支援制度を考える」でした。

「働けるのに働かない怠けている」というのが生活保護のバッシングの代表格だと思います。ハローワークの元相談員の報告がありました。条件が良い求人に応募が殺到し、100倍は当たり前の状況。求人があっても賃金が最低賃金スレスレ、または最低賃金であることでした。。今、都の最低賃金で1日8時間20日働いた場合は生活保護受給金額を下回ります。このことが今問題になっています。

他の政党から生活保護基準の引き下げが言われています。

私は反対です。

多くの影響が出ます。

①住民税の非課税限度額が下がり、今まで無税だった人が課税される

②保護基準に基づいて利用条件を設定している施策が利用できなくなる。

就学援助、国保料の減免、公営住宅家賃減免、などです。

基準最低賃金の引き上げこそ必要です。このことが国内消費を温めデフレの脱却にもつながります。

2012年8月17日 (金)

8月15日

8月15日、終戦記念日です。

大田区ではこの日は全大田区議会議員50名による平和記念コンサートが開かれました。今年で12回目になります。私は運営委員の一員を担いました。

夜、大田区では平和を祈念して花火を打ち上げます。

たまや~・・・・・・あれ打ち上げない。

花火を打ち上げる予定の午後7時30分になっても花火が打ちあがりませんでした。

16分後、ようやく打ちあがりました。

Photo Photo_2

後日、理由を聞いたら打ち上げる時のシステム故障だったそうです。

アナウンスはありませんでした。遅延の理由を、放送をして知らせるべきではないでしょうか。待っている区民にはまったくわかりませんでした。

持つべきものは友

保育園の時の友人が子どもの面倒を見てくれました。

保育園で一番仲良しだったYちゃんのお母さんが東調布公園のプールに娘も一緒に連れて行ってくれました。2~3時間、しっかりと遊んでくれました。

そして夜、大田区の花火を一緒に見ました。車で迎えに来てくれました。お言葉に甘えてしっかりとビールを飲んでしまいました。Sさん家族に感謝です。

友達といるときの笑顔はやはり格別ですね

Img_7407 Img_4954

2012年8月12日 (日)

美南 7歳 誕生日会

娘の美南が本日、7歳になりました。

初めていとこが誕生日会を準備してくれました。ケーキ買ったのはパパですが、、

Photo

いとこは10人を超えます。

子どもが10人を超えるとこれがまた一苦労。

しかし、いとこの最年長のお姉ちゃん(高1)が面倒を見てくれてこれがまた楽しそうに遊んでいました。

Photo_2

いとこ、はすべて大田区在住なのでちょっとしたことですぐに集まることができます。

家では美南はお姉ちゃんなので「翔太ぁ~」といって上から目線ですが、いとこの中では下から3番目。借りてきた猫のようにおとなしかったです。・・・しかし、30分後は雰囲気に打ち解けで、うるさいの一言でした。

まぁ、異年齢との交流はとても大切なことだと思います。なるべくこのような機会を多く作りたいと思います。下の写真はいとことの写真です。みんな、どこかしら似ているかも?

Photo_4

2012年8月11日 (土)

東京湾大華火祭

本日、東京湾大華火祭に行ってきました。

中央区のHPで申し込んだところ4名中2名が当たりました。

夕方近くまで仕事だったので妻と子どもに先に行ってもらい場所取りをしてもらいました。

Img_8672

仕事が終わり急いで会場に向かいました。

大混雑!

最寄り駅の勝どき駅は電車から降りて改札に出るのに15分かかりました。

会場に到着したのは打ち上げ開始時間の15分前でした。

そして・・・7時ドーン と花火が上がりました。

Img_2271

「見てぇ~花火」と子どもは大興奮。「きれいだねぇ」と手をたたいていました。

しかし、、

花火の打ち上げ開始から40分。子どもが飽き出しました。「おもちゃで遊ぶ」と言って花火も見ずに遊び始めました。

Img_6540

まぁーしょうがないかな。

とても感動しました。

花火が終わったのが8時20分。ここから帰るのがこれがまた一苦労です。

会場を出るのに約30分かかりました。駅は大混雑ですので、フェリーで日の出駅まで行きました。「船に乗るよ」というと子どもは大喜びでした。しかし、乗船時間はわずか10分。「降りるよ」と声をかけると「もう一回」と降りようとしませんでした。なだめながら船を下りて帰路に。

Img_6924

自宅の到着はなんと10時30分。携帯の歩数計はなんと1万歩を突破していました。今日も一日良く歩きました。・・疲れた。でもいい思い出になりました。

2012年8月10日 (金)

ほおずき市(縁日) 希望が丘商店街

更新が遅くなりましたが、5日、希望が丘商店街でほおずき市(縁日)が行われました。

福井りょうじ事務所も希望が丘商店街に加盟をしているので出店をしました。

輪投げとスーパーボールすくい

今回は保育園の時のママ友、パパ友が協力をしてくれました。そしてなんと子どもたちがスーパーボールすくいのお手伝いをしてくれました。

Img_1067 Img_9851

Photo

このようなイベントは近所づきあいを深めるいい機会だと思います。

3.11の震災以降、「絆」が強調されています。今までの自己責任論(自分の命は自分で守る)の考え方から「命はみんなで守る」に変わってきていると思います。絆を作り強くするためにも商店街のこのようなイベントはとても大切だと思いました。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »