« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月29日 (金)

五反田駅東口 歩道橋のバリアフリー化を

6月28日、「五反田駅の環境を改善する会」のみなさん、かち都議らと五反田駅東口にある歩道橋のバリアフリー化を求めて道路管理者である東京都建設局に申し入れを行いました。東京都建設局道路管理部保全課長らが対応しました。

五反田駅東口は、道路の向こう側に渡るにはとても不便になってつくりになっています。

地下鉄五反田駅から東急池上線に乗り換えるときなどは、歩道橋を渡るか、交番前の横断歩道を通り、2回の信号を経て大回りするしかありません。

高齢者の方や、ベビーカー利用者は本当に大変な状況です。

Photo

現在の歩道橋の状況

私は、上の社写真にある歩道橋を撤去するか、または、エレベーターの設置を求めました。東京都は「地元の意見が大事なのでよく話をきかせてほしい」「ご要望は承りたい」と答えました。

エレベーターの設置費用は、数千万円。自治体がその気になれば、難しくありません。

ぜひ、みなさんの声をお聞かせください

Photo_2

2012年6月24日 (日)

国民大集会2万4千人 in 明治公園

23日、明治公園にて「いのちと暮らしを守れ!怒りの国民大集会」に2万4千人が集いました。

民主・自民・公明党の3党が消費税増税法案を26日にも採決を強行するとの報道があります。国民の6割が消費税増税には反対です。それなのになぜ強行するのでしょうか。

国民の声を聞くことが政治の基本です。3年前に「自民・公明党政権を変えてほしい」との国民の声が民主党政権を誕生させました。しかし、今、民主党政権は国民が変えてほしいといった自公との協議で進めようとしています。これは国民に対する裏切り行為ではないでしょうか。

みなさんと力を合わせてくらしを壊す消費税増税法案を廃案にするためにがんばります。

Photo 2 3

2012年6月17日 (日)

梅屋敷弓道場 閉場 新弓道場は大田区総合体育館内に

梅屋敷公園内弓道場は平成24年5月31日で閉場することに伴い閉場式が昨日、6月16日に弓道場で行われました。私も参加をさせて頂きました。

この弓道場は私が生まれるよりもずっと前の昭和32年に作られたそうです。

それ以来、区民から親しまれてきた弓道場です。国道の拡幅に伴い梅屋敷公園の縮小が決まり、大田区総合体育館内に弓道場が出来ることになり、今回の閉場となりました。

セレモニーの後、参加者全員での記念撮影を行いました。

弓道には「射法八節」というものがあります。

弓を引く動作を八つの節に分けて「射法八節」といい、一つ一つを正しく組み立てることになっています。この八節は別々のものではなく、始めから終わりまで一連の動作で一貫した流れのように行わなければなりません。これを正確に行うことによって的中率は高くなります。

(全日本弓道連盟HPより)

政治もその時々で政策をコロコロ変えるのではなく、将来の展望を示しそれに向かって一貫して取組むことが大切ではないかと思いました。

大田区の弓道連盟の実績はすばらしいものがあり先日は区対抗の都大会でなんと優勝されました。スポーツ基本法で自治体は環境を整備することが義務付けられました。

大田区で調布地域あたりに弓道場や体育館の建設をすすめていきます。

Photo_4 Photo_3 Photo_2 Photo

2012年6月13日 (水)

スポーツ・観光推進特別委員会

本日、スポーツ・観光推進特別委員会が開かれました。

理事に

私はこの中で理事に推され各委員の了承のもとで理事となりました。

今回の10名の委員の中で2年連続での委員は、私と民主党のM委員だけでしたので、昨年の1年間議論をした積み重ねを活かして具体的な提案を行っていきたいと思います。

特に観光は「梅ちゃん先生」がよく取り上げられますが、一過性のものであり、「梅ちゃん先生」だけの観光推進では問題があると思いますのでそのことも踏まえて進めていきたいと思います。

2012年6月11日 (月)

学校公開

昨日、娘の学校で公開授業がありました。

1~4時間の授業中であれば学校の入口のところで子どもの名前の欄にチェックして入ります。その時には必ず保護者だとわかるネームプレートを着用することが条件となっていました。小1になったばかりの娘もしっかと先生の話を聞いていました。

5

体育も参観することができましたが、天気がとてもよかったので日焼けのあとがくっきりと。

Photo_3

Photo_2

給食時は衛生上、配布中は必ずマスクをすることが義務付けられていました。

子どもの成長が感じられた一日でした。

2012年6月 4日 (月)

原発ゼロへ

2日、JR蒲田駅西口にて「大田からの原発ゼロアピール」を行いました。この取り組みは立場の違いを超えて、原発をゼロにを呼びかけたものです。この呼びかけ人107名の中には芥川賞作家の加藤幸子さん、第五福竜丸被ばく者の大石又七さん、城南信用金庫理事長の吉原毅さん、なども名前を連ねています。

午後2時からの取り組みで約90名が参加。90分間の取り組みで100名を超す賛同はがきに書き込みました。

原発をなくし自然エネルギーへの転換をすすめていきます。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »