« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月29日 (火)

貧困ビジネス

連日、マスコミで芸人の母親が生活保護を受けていたことを報道し、生活保護に対しての「働けるのに働かず怠けている」などのコメントなどが紹介されています。

生活保護は最後のセーフティーネットといわれあらゆる手段を尽くしたけれどほかに手段がなく受けるものです。安易な受給には反対ですし、就労支援の強化も必要だと考えます。

その一方で生活保護の受給の理由で一番多いのは、高齢者で年金で生活できないためです。生活ができる年金制度に改革が必要です。

話は変わり「貧困ビジネス」という言葉があります。貧困者を対象として利益を挙げる業務。(ウィキペディア)

28日、区内にある無料低額宿泊所を見学しました。運営をするNPO法人の理事長と区の生活福祉課長から説明をしていただきました。この理事長さんは特別区の職員を定年退職しその時の経験を生かし「社会に貢献したい」との理由でNPO法人を立ち上げたそうです。

一ヶ月9万9千円

部屋代が1日1,300円。食事代が朝400円昼500円夕600円(仕出し)で一ヶ月の金額がなんと99,000円。大田区で生活保護を50歳男性が受給した場合135310円

(第一類38180円第二類43430円住宅扶助53700円)

36,310円 =135,310円-99,000円

36,310円が受給者に残るお金です。

16畳に8人

16畳に二段ベットが4つ。8人が生活をしていました。この宿泊所には17人が生活をされています。自分のスペースはこのベットだけ。プライバシーの配慮がまったくありませんでした。これでははっきりいって自立できないと思います。

生活保護受給者をどのようにすれば自立できるかを考えるべきだと思います。

なぜ、このような無料低額宿泊所が増えているのか。

1つにはアパートを借りれないことが挙げられると思います。無料低額宿泊所の利用者のほとんどが身寄りがなく1人です。そのためにアパートが借りれない状況です。

理事長は「私どもは頼られたら断りません。空きがあるかぎり受け入れます」と話されました。

無料低額宿泊所(むりょうていがくしゅくはくじょ)とは、社会福祉法第2条第3項に規定されている第2種社会福祉事業の第8号にある「生計困難者のために、無料又は低額な料金で、簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他の施設を利用させる事業」という記述に基づき設置される施設である。(ウィキペディアより)本来の趣旨から離れている実態があります。生活保護費をピンハネされ自立できないのであれば本末転倒です。

この問題は今後もしっかり取り組み是正を求めていきます。

2012年5月25日 (金)

議会役職が決まりました

毎年5月は臨時議会があり委員会の構成メンバーが変わり、それに伴い委員会役職(委員長・副委員長)も変わりました。

今年度は私は総務財政委員会とスポーツ・観光推進特別委員会の委員となりました。

特に総務財政委員会は大田区全体の総務と財政を担うために委員会の中でも特に重要な委員会と言われています。しっかりと区民の声を届けていきます。

以下が委員長、副委員長の一覧です

総務財政委員会      委員長 大森(自民)  副委員長  田村(公明)

地域・産業委員会     委員長 岡元(公明)  副委員長  伊佐治(自民)

保健福祉委員会      委員長 押見(自民)  副委員長  清水(共産)

都市・環境委員会     委員長 飯田(公明)  副委員長  鈴木(自民)  

こども文教委員会     委員長 松原秀(自民) 副委員長  岡 (民主)

議会運営委員会      委員長 田中(自民)  副委員長  秋成(公明)

スポーツ・観光推進特別委員会

                委員長 森(民主)    副委員長  玉川(公明)

交通問題対策特別委員会

                委員長 菅谷(共産)   副委員長  大橋(公明)

羽田空港対策特別委員会

                委員長 富田(公明)   副委員長  伊藤(自民)

防災・安全対策特別委員会

                委員長 松原茂(自民)  副委員長  津田(民主)

2012年5月24日 (木)

区民生活支援策の拡充と、首都直下地震に備える緊急要望

日本共産党大田区議団は「区民生活支援策の拡充と首都直下地震に備える緊急要望」を22日に大田区長に行いました。遠藤副区長が対応しました。

特に4月から介護保険料などの社会保険料の値上げにより区民の負担増となっています。保険料の通知が区民に届くのは5月下旬から6月下旬。特に年金生活の方は6月15日に値上がりした保険料の2か月分が差し引かれます。このことを受けて区民からの相談などの電話が予想されます。大田区議団区民に丁寧に対応する窓口を開設するよう強く求めました。遠藤副区長は「昨年のこともあるので体制をとり対応する予定」との回答でした。

P1000154   

緊急要望の申し入れ内容はこちらです「2012.2定前緊急要望.pdf」をダウンロード

2012年5月22日 (火)

金環日食

昨日は金環日食を観察しました。

こども達も興味津々。観察用のメガネを購入してみんなで観察しました。

1

観察後はみんな仲良く集団登校をしました。

カメラで撮影したもの雲が多く写りませんでした。Photo

2012年5月15日 (火)

大田区 保育園待機児392名

本日、こども文教委員会で保育所の入所状況の報告がありました。

待機児は392名。(0歳児81名、1歳児190名、2歳児94名)

この数字は認証保育所に入所できた児童はカウントされていません。

788名

旧定義では788名です。この数字は認可保育所に申し込んで入れずに認証保育所や保育室に入っている児童を含んだ数字です。私はこの数字こそ本当の待機児の数字だと思います。

大田区はこの1年で認可保育所を増設し331名の定員増を行いましたが、待機児は昨年の396名から392名へとほぼ横ばい状況です。

安心して子どもを産み育てやすい環境にするために引き続き認可保育所の増設を求めていきます。

障害児を対象とした学童保育について

昨年6月、議会で「障害児を対象とした学童保育の利用対象の拡充を求める陳情」が採択をされ、これをうけて行政側が検討していました。私も委員会で早く検討の結果を出しで実施をするよう求めてまいりました。ようやく、本日、報告がありました。

実施(施行期間)は2012年10月1日~2014年3月31日

詳細は下記を参照してください。「20120515.pdf」をダウンロード

2012年5月 9日 (水)

空間放射線量の測定 定点

シンチレーションサーベーメーターを区議団として購入してからガイガーカウンターの定点での測定が滞っていました。本日、測定を行いました。

以前のデーターと比較するために同じ機種(ガイガーカウンター)で地表5㎝で測定しました。

単位は(μシーベルト/時)

東調布公園  0.11 洗足池公園 0.12 石川公園 0.13 久が原1丁目(空き地) 0.14

共産党大田区議団はこの間、公園などを中心に150箇所を超えて測定を行っています。

その中で大田区が指標値としている0.25(μシーベルト/時)以上の地点が3か所あることがわかりました。(いずれも環境保全課に連絡をして環境保全課が再度確認し除染が行われました)

内部被ばくの問題もあります。特に保育園、小中学校に使用される食材の測定を大田区として行うよう強く求めていきます。

2012年5月 8日 (火)

平和行進 2012

核兵器のない世界をめざして

平和行進が、5月6日に夢の島・第五福竜丸展示館前から出発しました。

国民平和大行進とは (原水協のHPより)

「 国民平和大行進は、“ノーモア・ヒロシマ!ノーモア・ナガサキ!”“核兵器のない世界を”と核兵器廃絶を訴えて、文字通り全国を歩く行進です。1958年6月に、被爆地広島から東京へ、1,000キロの道のりを歩く最初の平和行進が行われました。このときの参加者は、毎日2人、3人と増え続け、のべ100万人もなりました。

 以来この半世紀以上、雨の日も風の日も毎年休まず行進は続けられ、いまではすべての都道府県と7割を超える自治体を通過し、毎年10万人が参加する国民的行動となっています。核兵器廃絶を願う人なら誰でも参加できる行動です。  

 核兵器のない世界を求める行動とつながって、5月から広島・長崎にむけて今年も平和行進がとりくまれます。みなさんもぜひ、ひとりでも、また友人・ご家族と一緒に、一歩でも二歩でも歩きましょう。」

広島まで約90日間かけて歩いてめざします。通し走者といって90日間歩き続ける方もいらっしゃいました。

私は産業プラザ前から川崎市役所まで歩きました。

Photo

産業プラザ前で休憩です。

1

この核兵器をなくす運動は全世界でも広がっています。

「核兵器をなくそう」このことは一点で共同をよびかけています。国連の事務総長も賛同をしています。多くの人と連帯をして進めていきたいと思います。

家に帰り歩数計をみるとなんと18221歩。802キロカロリー消費していました。

2012年5月 5日 (土)

こどもの日

こどもの日です。

普段は土日、祝日は仕事のためにほとんど家にいないのですが、こどもの日ですので一緒に過ごしました。

午前中は、自転車の特訓で東調布公園に行きました。

自転車の練習は人によって違うと思いますが、私の場合は①補助輪つき②自転車ペダルなし③通常の自転車で(後ろにサポート付)④サポートなし 

ようやく一人で乗れるようになりましたが、ふらふらする場面も多く、公道を走るのはまだ不安が多くありますので、このような公園でもっと練習したいと思います。

お昼。

蒲田の駅ビルで仮面ライダーのアトラクションがあったので行きました。

炎天下の中でしたのでライダー役の人は大変だなぁと思いつつもこども達はおおはしゃぎでした。そして一人ひとり握手をすることができました。

Photo

仮面ライダーなどのヒーロー物は男の子なら一度は通る道です。

そういえば、昨年のこどもの日もこの駅ビルに来ました。あのころと比べると今は、だいぶ成長し、特にやんちゃ度はものすごくなりました。

今日は天候に恵まれました。そのため、なんと日焼けの跡がくっきりと。赤くなってしまいした。みなさん、お肌のケアをしっかりしましょう。

ものすごく疲れましたが、いい記念になったと思います。

写真は昨年のこどもの日に描いてもらった似顔絵です。

Photo_2

2012年5月 2日 (水)

五反田駅連絡通路 エスカレーター上下稼働

昨日、メーデーに参加するために久しぶりにJR山手線を利用しました。

なんと、あの五反田駅連絡通路のエスカレーターの下りが稼働しているではありませんか。

多くの利用者からも「何とかしてほしい」との要望を受けていました。2003年の申し入れから早いもので9年間。ようやくエスカレーターの上下が稼働しました。本当に良かったです。

エレーベーターは今夏

JR東日本に確認したところ「エレベーターの稼働は今夏を予定しています。今のところは順調に工事がすすんでいます」との回答でした。

Photo

2012年5月 1日 (火)

メーデー IN 代々木公園

本日、代々木公園にて第83回中央メーデーが行われました。

メーデーMay Day、直訳すれば「5の日」)は、世界各地で毎年51に行われる祭典である。ヨーロッパでは夏の訪れを祝う日である一方、労働者が統一して権利要求と国際連帯の活動を行う日でもある。(ウィキペディアより)

メーデースローガンは「働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう」となっています。

今、「働く貧困層・ワーキングプア」の問題も深刻になっています。日本共産党は「働くルールを守れ」このことを国会でも繰り返し求めています。

Photo

会場は広いので地域ごとで集まります。私は大田区在住なので「大田」の旗の下に集まりました。

Photo_7

下の写真は会場で配られたパンフの裏面です。表面は今回のメーデー宣言(案)と会場配置図。

Photo_8

メーデーは「お祭り」と言われることもあります。いかに自分たち(内側)だけでなくその他大勢(外側)にPRし関心を持ってもらうことも大切だと思います。その点で集会のあとデモ行進(今はパレードといいます)をしますが、宣伝カーのPRに工夫を凝らしています。写真参照

Photo_2 Photo_3

Photo_6

暮らしを良くする。景気を回復するには労働者の賃上げをすることしかありません。そのためにも「働くルール」を作り守らせることが重要だと考えます。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »