ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 学童保育説明会 | トップページ | オリンピック招致について »

2012年3月12日 (月)

東日本大震災から1年

3月11日、東日本大震災から1年。

私は、宮城県東松島市の慰霊祭に参列し献花をしました。

東松島市は約2万1千人の人口のうち1066人がなくなり51人が行方不明となっています。

東松島市は、大田区と、「災害時における大田区と東松島市との相互応援に関する協定」を締結しています。今も大田区の職員を現地に派遣しています。

今回、東松島市の慰霊祭は自衛隊松島基地で行われました。

午後2時46分、1分間の黙とう。全国でいっせいに行われました。

東京から新幹線で仙台。そして仙石線で松島海岸駅に到着。そこから電車が復旧していないので代行バスで矢本駅に。駅から徒歩で小松基地に行きました。朝8時半に自宅を出ましたが会場に到着をしたのは午後2時でした。

電車やバスで移動するときの風景です。いまだに多くの傷あとが残されています。

Photo

写真は 今なお残っている街灯です。

慰霊祭に参列をしましたが、遺族の多さにあらためて大震災の大きさを実感しました。

私のななめ後ろに座られた方も、両親をなくされ今なお仮設住宅で生活をされていることを話されていました。

Photo_2 2 1

市長の式辞の中で「復興は住宅だけでなく産業が再建されなければならない」とはなされました。確かにその通りだと思います。住むところがあっても雇用がなければ生活が成り立ちません。特に第一次産業の再建が急務です。農業、林業、漁業を壊すTPPにはみなさんと力を合わせストップさせていきます。

大田区長も来賓として招待され献花をしました。

会場では長谷川市議と東松島市の市民生活部長の大友氏と意見交換しました。

Photo_3

« 学童保育説明会 | トップページ | オリンピック招致について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学童保育説明会 | トップページ | オリンピック招致について »