ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 災害廃棄物受け入れの住民説明会 | トップページ | 消費税増税ストップ! »

2012年2月21日 (火)

教育にはお金がかかる

娘も早いもので今年の4月から小学一年生。私が住んでいる仲池上のほとんど(一部は久が原小)は池雪小学校になります。

昨日、入学についての説明会がありました。ご存知の方もいると思いますが、池雪小学校は区内でも屈指のマンモス校。950名が通っています。今回の新一年生は約150名いるそうです。

説明会では小学生になることで集団での生活になり環境も変わることが強調されました。また親の責任(務め)もとても大切だという説明をうけました。

そして心配事の1つである入学までに揃えるものの説明を受けました。揃えるものの多さにびっくり。体操着、上履き、ランチョンマット等ありました。

入学準備にあたりランドセル、学習机も購入しました。

Photo Photo_2

学習できる環境だけは整えようと購入しましたが、それにしてもお金がかかりますね。

ランドセル4万円学習机4万円、上履き、体操着、数千円、などなど。

私立の小学校ですとそのほかに入学金が30~50万。年間授業料が40~60万。寄付金の要請がある学校も。

「親の収入が子どもの学力に比例する」とある雑誌に記事が掲載されたことがありました。私はこのようなことはあってはならないと思います。

どのこにも行き届いた教育にするためには少人数学級の導入と授業料の無料化の実現が不可欠です。

大田区でもようやく小学1年生は完全実施。2年生は準備ができれば実施です。

私は池雪小学校の校長先生に進捗状況を伺いました。校長先生は「どちらでも対応できる準備はしています。あとは教育委員会の指示待ちです」と話されました。教育委員会がしっかりと方向性を示せばマンモス校の池雪小学校でも対応できるのです。

こども文教委員として区内の全ての小中学校に少人数学級を導入するためにがんばります。

« 災害廃棄物受け入れの住民説明会 | トップページ | 消費税増税ストップ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 災害廃棄物受け入れの住民説明会 | トップページ | 消費税増税ストップ! »