ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 消費税増税ストップ! | トップページ | 学童保育説明会 »

2012年2月24日 (金)

使うな!放射線副読本 教育長に申し入れ

23日、日本共産党大田区議団は清水教育長に文科省発行の『放射線副読本(以下、副読本)』の配布に関する申し入れ」を行いました。

申し入れ文書

「20120223.doc」をダウンロード

この副読本は「放射能は自然の中にもある」「いろいろなことに利用されている」「一度に100ミリシーベルト以下の放射線を人体が受けた場合、放射線だけを原因としてがんなどの病気になったという明確な証拠はありません」としています。この副読本は文科省のHPからダウンロードできます。

この副読本は「放射能は怖くない」という印象を与えかねません。放射能の危険性についての説明は皆無です。不安をあおってはいけませんが正しい知識を身に着けることが大切ではないでしょうか。

今回の申し入れで教育長は「しっかり読んで取り組みたい」と答弁をしました。

ちょっと、まったぁ!(心のさけび)

2月のこども文教委員会で共産党の和田委員の質問に対し「大田区で放射線副読本を使用する」と答弁をしていました。使用することを決めているのですから使用するにあたり教育委員会が精査しているのが大前提ではないでしょうか。それを「しっかり読んで取り組みたい」との答弁ですから「ちょっとまったぁ!」(心のさけび)と思いました。

また、「この副読本はこども一人ひとりに配布するのか」の質問に対し、「調べて後程ご連絡します」の答弁には開いた口がふさがりません。大田区の子どもたちの教育に責任を持つ教育委員会が把握をしていませんでした。

放射能については今、なお、不安をもっている方が大勢います。子どもたちに正しい知識を身に着け対処していくことが大切だと思います。

Photo

« 消費税増税ストップ! | トップページ | 学童保育説明会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消費税増税ストップ! | トップページ | 学童保育説明会 »