ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 放射線廃棄物の受け入れ問題を考える会 | トップページ | 五反田駅連絡通路エスカレーター(上り)稼働 »

2012年1月23日 (月)

また出た。基準値を超える放射線量

本日、午後、東糀谷防災公園で先日購入したアロカ社製のシンチレーションサーベーメイターの初測定を行いました。

公園内を数か所測定をしました。その中の1つに管理棟の雨どい付近から

なんと!基準値を超える線量を検出(0.28μシーベルト/時)

Dscn0066

5回測定の平均値です。そのうちの1回か0.34μシーベルト/時でした。

写真にあるように大田区が基準としている0.25μシーベルト/時を超える0.28μシーベルト/時を検出しました。(大田区と同じ機種、測定方法も同じにしました。測定は30秒間隔で5回測定。平均値を出しました)

その場で大田区の環境保全課に連絡をして大田区として測定を行うように求めました。

環境保全課が測定をして0.25(μシーベルト/時)以上を確認したならば、立ち入り禁止→除染処理ということになります

Dscn0059

Dscn0050

管理棟の雨どい付近でした。今回測定をしていた時にこの建物内では子どもたちが遊んでいました。大田区が定期的定点で測定をしている防災公園です。1月19日にも測定をして0.11を観測しています。

共産党は放射能測定は、例えば公園は中心点で一か所ではなく、複数できめ細かな測定を求めています。それが区民の安心、安全につながると考えます。ホットスポットという言葉がありますが、放射線は目に見えませんので測定をすることが非常に大切になってきます。日本共産党大田区議団はこれからも大田区に対しきめ細かな測定を求めるとともに団としても測定を行っていきます。(今回は大竹、金子、清水、福井区議、事務局で行いました)

« 放射線廃棄物の受け入れ問題を考える会 | トップページ | 五反田駅連絡通路エスカレーター(上り)稼働 »

コメント

寒い中ありがとうございました。私の周りでも測定をお願いしようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 放射線廃棄物の受け入れ問題を考える会 | トップページ | 五反田駅連絡通路エスカレーター(上り)稼働 »