ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« なぜ、放射線量の測定をしない 教育委員会! | トップページ | 放射線廃棄物の受け入れ問題を考える会 »

2012年1月15日 (日)

医師会の新年会に参加

14日、夕方 大田区3医師会(蒲田・大森・田園調布)合同の新年会が帝国ホテルで行われました。私も来賓の一人として参加しました。

医師会の新年会は数年前から政権与党だけでなく共産党を含めすべての区議会議員に案内をしています。

来賓の挨拶

一番はじめに来賓の挨拶をしたのが日本医師会副会長でした。会長の挨拶を代読しましたが、この中で今問題になっているTPPの導入は日本の皆保険制度を壊すものとはっきり明言しました。

この挨拶をうけて次に挨拶をしたのは民主党の藤田衆院議員(東京4区)でした。しかしTPPにはまったく触れず、税と社会保障の一体改革が必要と述べるにとどまりました。

東京都医師会副会長も会長の挨拶を代読しましたが、その中でもTPPの導入は反対の立場を明確にしました。

日本共産党もこの間、TPP反対の1点で共同の運動を呼びかけています。医師会をはじめ農林水産業の関係団体との一緒の運動を展開しています。

しかし、今回、民主党の衆院議員が2人(藤田氏、松原氏)が挨拶をしましたが、具体的な話はなにひとつありませんでした。今の社会の閉塞感をどう打開するのか、展望を示すのか政権与党の特に新閣僚になった松原氏の話に興味を持ちましたが、「挨拶は短いほどいい」と言ってなにも残らない挨拶には唖然としました。

TPP参加は医療にとって簡単に言うとアメリカ型の医療(お金持ちだけがいい医療を受けられる)導入です。だれもが安心して医療が受けられる国民皆保険制度維持のだめにも医師会の皆さんと力をあわせてTPP反対の運動を進めます。

ちゃんと来賓名簿に名を連ねています。写真

Photo Meibo

« なぜ、放射線量の測定をしない 教育委員会! | トップページ | 放射線廃棄物の受け入れ問題を考える会 »

コメント

帝国ホテルとは、医師会はちがいますね。でも国民皆保険を守ろうという姿勢はうれしいです。医師会、日本のお医者さんたち がんばって! お願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ、放射線量の測定をしない 教育委員会! | トップページ | 放射線廃棄物の受け入れ問題を考える会 »