ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 教育長に申し入れ | トップページ | 大田区内で放射線量測定を行いました »

2011年6月 6日 (月)

区内でようやく放射線量の測定・公表

福島原発事故の問題で区内でも放射能汚染を心配される方も多いと思います。

この間、日本共産党大田区議団は議会で「大田区として測定を行いそのデーターを示すことが区民の不安解消につながる。測定をするべき」と繰り返し要求してきました。

本日、区議控室の机の上に「大田区内における放射線量の測定について」の紙が一枚おいてありました。環境清掃部長名で6月3日に出されていました。

一歩前進だが・・

大田区では東京工業大学と連携協力ができたので行うことにした。とのことですが、議会で共産党の質問には「新宿区にあるモニタリングポストの数値等を注視したい」と繰り返すのみでした。そして数日後には実施をする。実施してからの事後報告で議会に知らせる。一歩前進ですが議会軽視が否めません。

それでも区民のみなさんの繰り返しの要求が大きな力になり行政を動かしたのは事実です。

これからもみなさんと一緒の運動で要求実現に向け全力を尽くします。

大田区が発表した内容は以下の3点です。

1、東工大原子炉工学研究所敷地内に設置してあるモニタリングポストの数値(東工大HP上で公表中)を提供いただき、大田区のホームページ上で公表します。(6月1日より実施済み)

2、区独自に大気中の放射線量を測定し、区ホームページで公表していきます。測定場所は、当面、区内3か所(大森地域庁舎、本蒲田公園、東糀谷防災公園)とし、6月中旬開始する目途に準備中です。測定は、週1回程度を予定しており、東工大からは測定にあたっての方法・結果の評価について学術的な支援をいただきます。

3、東京工業大学と協力して、放射線に関する知識習得の機会をつくります

« 教育長に申し入れ | トップページ | 大田区内で放射線量測定を行いました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教育長に申し入れ | トップページ | 大田区内で放射線量測定を行いました »