ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 松下奈緒見ました!! | トップページ | 区内でようやく放射線量の測定・公表 »

2011年6月 1日 (水)

教育長に申し入れ

6月1日、日本共産党大田区議団9名は「学校のプール授業に関する緊急要望」を大田区教育長に申し入れを行いました。

福島原発事故により放射能汚染の不安が広がっています。保護者のみなさんから共産党に要望があり今回、申し入れとなりました。

申し入れは以下の通りです。

 

学校のプール授業に関する緊急要望

大田区教育長 清水 繁様

                         日本共産党大田区議団

                          2011年6月1日

 まもなく小中学校のプール授業が始まります。プール授業開始に当たっては、清掃は小中学校とも業者に委託していますが、小学校では教育の一環としてヤゴの捕獲を行なっています。

 3月11日の東日本大震災、特に福島原発の事故のために放射能汚染の不安から、保護者のみなさんより「ヤゴ捕獲は中止して欲しい」「実施するならば、安全と判断した「データ」をきちんと提示して欲しい」など子どもをプールに入らせることに不安の声が届いています。

 ヤゴの捕獲については学校に判断が任されていますが、保護者の不安に応えるためにも、学校での放射線量測定を行い、数値を発表することや今年に限ってヤゴ捕獲を中止するなどが必要と考えます。

 保護者の声を真摯に受け止めるよう下記のことを要望します。           

                 記

1、      ヤゴ捕獲実施に当たっては、保護者と十分話し合いをすること。

2、      実施するならば、安全と判断した「データ」を提示すること。

3、      プール授業については、学校での放射線量測定を行い進めること。

                              以上

P1030195

« 松下奈緒見ました!! | トップページ | 区内でようやく放射線量の測定・公表 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松下奈緒見ました!! | トップページ | 区内でようやく放射線量の測定・公表 »