ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 区民に開かれた区議会に 記者会見を行いました | トップページ | こども文教委員会に初出席 »

2011年5月25日 (水)

議会役職またしても密室談合で決まる

5月23日、大田区議会は臨時議会を開き、議長、副議長、各委員会の委員長、副委員長などの議会役職を選出しました。

23区で大田区だけ

この4年間、自民・公明・民主党の3党で議会役職を独占していました。

このように3党だけで議会役職を独占しているのは23区では大田区だけとなっていました。

共産党大田区議団は、このような不正常な議会運営を正し区民の声が反映される議会への改革を呼びかけてきました。

 またまた

今回、議会役職等の選出にあたり、自民・公明・民主党を除く大田区議会すべての会派で要望書を提出しました。しかし、自民・公明・民主党はこれに耳を傾けず、今回、自民・公明・民主党プラスワンで議会役職が決まりました。

常任委員会

総務財政   委員長 塩野目氏(自民)    副委員長 秋成氏(公明)

地域・産業  委員長 丸山氏  (公明)    副委員長 松原もとき氏(自民)

保健福祉   委員長 清波氏  (公明)   副委員長 松原秀典氏(自民)

都市・環境  委員長 勝亦氏  (公明)   副委員長   森 氏   (民主)

こども文教  委員長 岸田氏  (自民)   副委員長  飯田氏  (公明)

議会運営委員会

         委員長 伊藤氏 (自民)    副委員長 松本氏(公明)

特別委員会

観光・地域活性化対策特別委員会

        委員長  黒川氏 (民主)  副委員長 押見 氏(自民)

交通問題調査特別委員会

        委員長 犬伏氏(たちあがれ) 副委員長 大森氏(自民)

羽田空港対策特別委員会

        委員長 水井氏(自民)     副委員長 広川氏(公明)

防災・安全対策特別委員会

        委員長 鈴木氏(自民)     副委員長 山崎氏(民主)

大田区議会の構成は

自民党(16名)公明党(12名)共産党(9名)民主党(6名)生活ネット(2名)みんな(2名)無所属(1名)緑(1名)たちあがれ(1名) になっています

委員長ポスト 10名  副委員長ポスト 10名 ですが

配分は 自民(16名) 委員長 5名 副委員長 4名

      公明(12名) 委員長 3名 副委員長 4名

      共産( 9名) 委員長 0名 副委員長 0名

     民主( 6名) 委員長 1名 副委員長 2名

     たちあがれ(1名)  委員長 1名

ネット(2名)みんな(2名)無所属(1名)緑(1名)は 委員長0名 副委員長0名

共産党は議席数に応じて役職の分配を求めてきましたが、実態は共産党(9名)より少ない民主党(6名)が委員長1名、副委員長2名、一人会派のたちあがれ日本が委員長1名となりました。この結果から、自民・公明・民主党・たちあがれによる事前の密室協議の可能性が濃厚ではないでしょうか。

特にたちあがれの犬伏議員は16名の連名で「議席数に応じての役職配分を求める」要望書を提出していたのですが・・・・なぜでしょうか。

 共産党大田区議団はこれからも議会運営の改革を進めていきます。間違ったやり方は必ず是正されます。これからもがんばります

« 区民に開かれた区議会に 記者会見を行いました | トップページ | こども文教委員会に初出席 »

コメント

子どもと教育委員会、臨時議長に和田さんがなられて福井さん一人の奮闘ご苦労様でした。とてもわかりやすい主張でした。どこかの政党の若い議員が「互選は国会と同じやり方で異常ではない」と言っていましたので国会広報課の問合せましたら、「常任委員会は議員数に比例した配分、特別委員会は互選、どちらも副委員長はいない」ということでした。比例配分なら共産党は正副で4人ほど配分されるはず。地方自治体は国政に比べてリコール制、直接請求制など民意をより直接反映させる仕組みを持っています。役職の議員数比例配分の根拠をあげて住民の皆さんに宣伝してこの悪例を23区に広げる突破口にさせないようにしたいです。名古屋、大阪などの地方自治体破壊の流れの1つと感じました。健康に気をつけて若手議員さんとしてベテラン議員さんを支えて頑張って下さい。共産党議員には住民がついています。私は山宣のことを考えていましたのでそのことを清水菊美さんにメールしましたら共産党区議団の合言葉になっているとのこと。本当にそういう感じの奮闘でした。共産党議員団は大切な住民の代表と実感しました。福井さんがその一員になられたこと嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 区民に開かれた区議会に 記者会見を行いました | トップページ | こども文教委員会に初出席 »