ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« もちつき 希望ヶ丘商店街 | トップページ | もちつき たまがわ9条の会 »

2011年2月10日 (木)

国保料

2月9日 「国民健康保険に関する要望書」を提出し申し入れをしました。
野田副区長が対応しました。担当の部長・課長も同席しました。

.国保料が新方式のにより各種控除が適用されないために低・中所得世帯や障害者、家族人数の多い世帯での保険料が上がります。大田区では約12万世帯加入の約3割が値上げになる可能性があります。

今でさえ国保料が払えず滞納している世帯が大田区で3万世帯を超えている状況です。

国保料の値上げはストップするべきです

なぜ、国保料が高いのか?

それは、国の国保に対する国庫負担金が約束通り5割の負担をしていないからです。

しっかりと国に対して「元に戻せ」というべきです。しかし、今の大田区は国には意見を言わず、区民に「理解と協力をしてもらいたい」と繰り返し述べるにとどまっています。

国が悪政を押し付けるのであれば大田区がその防波堤となるべきですが、そうなっていません。私はこの大田区政をみなさんと一緒に切り替えていきます

  要望書の申し入れ事項は以下の5つです

1.削られた国庫負担金割合を元の5割に戻すよう国に求め、保険料を引き下げること。
2.区の一般財源からの国保財源への繰入金を増やし、国保保険料のこれ以上の引き上げは止めること。
3.国に対して広域化をやめ、各地方自治体で国保制度を維持・拡充に取り組めるよう求めること。
4.実態に合わない減免規定の見直しを行い、減免制度の運用を改善すること。
5.短期証や資格証の発行を止め、正規の保険証を加入全世帯に交付すること。

P1030164
                                        

« もちつき 希望ヶ丘商店街 | トップページ | もちつき たまがわ9条の会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もちつき 希望ヶ丘商店街 | トップページ | もちつき たまがわ9条の会 »