ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 上池台・雪谷地域の電波障害 | トップページ | 運動会 »

2010年9月26日 (日)

全生連第38回全国大会in豊橋

23~25日の3日間、愛知県豊橋で全生連(全国生活と健康を守る会連合会)の第38回全国大会がありました。私も大田生活と健康を守る会の代表として参加してきました。

深刻な貧困が広がる中で、大田区でも2008年11840人。2009年13477人(いずれも3月末)2010年14167人と生活保護を受給される方が増えています。そのような情勢の中で全国大会が開かれました。「生活と健康を守る会といえば生活保護!」と思われる方も少ないないかと思いますが、生活と健康を守るために最後のセーフティーネットと言われている生活保護の活用が多いためですが、それだけではない様々な取組が報告されました。

高齢者の行方不明の問題に象徴されるように人と人との結びつき・絆が希薄になっているいまだからこそ全生連の役割が重要になってきていると思います。

貧困は自己責任ではなく社会的・政治的責任です。根本は「政治を変える」このことにつきるのではないでしょうか。大企業いいなり・アメリカいいなりの政治を共産党を大きくして一緒にかえましょう。政治は変えられます。

写真① オープニング(地元の太鼓)②大田区の代表団③大会方針の採決Photo Photo_2 Photo_3

« 上池台・雪谷地域の電波障害 | トップページ | 運動会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上池台・雪谷地域の電波障害 | トップページ | 運動会 »