« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月21日 (水)

とにかく暑い!!!

昨日も、朝の駅頭宣伝を行いましたが、とにかく暑い!今日は、8時前で30度超。私は、夏場の宣伝にはクールビズでノーネクタイで宣伝していますが、出勤のサラリーマンはネクタイを締めて暑そうでした。今日も暑くなり最高気温も35度。こまめに水分(水ではなくスポーツドリンクのほうがいいそうです)を取って熱中症に気をつけましょう。それにしても暑いです。昨日は3回も着替えてしまいました。写真は昨日の石川台駅の宣伝です

Photo

2010年7月20日 (火)

花火!!

18日、横浜で花火大会が久しぶりに行われました。氷川丸の横側から打ち上げられました。

今回はなんとなんと陸上ではなく海上から船の上から見物しました。

すっご-い!の連発。大きな空に大きな音と花火。こころが弾みました。

今回は友人が船を出してくれました。知ってる?「かめだや」。釣り船と屋形船があり羽田から出航します。くわしくは→かめだや3741-1258まで

写真①出発時②③④花火⑤船が下りたとき

0_2 1 Photo 4 Photo_2

2010年7月16日 (金)

手持ち金が5円 30代男性生活保護受給

現在、私は地区生活相談室長として活動しています。

今、若い世代の生活生活相談も増えています。ある一例をご紹介します。

    生活保護 30代男性 Aさん

相談日は金曜日の夕方過ぎでした。

電話で「生活のことで相談したい」と事務所に連絡がありました。すぐ近くにいるということなので事務所に来てもらい話を伺いました。Aさんは2ヶ月前に仕事(派遣:機械のリースとオペレーター)でミスをしてしまい、契約期間が残っていたにもかかわらず契約打ち切り。ハローワークで仕事を探していた。電話でアポイントを取るのだがほとんどが面接すらできない。やっと面接をしても雇用契約に結びつかない。Aさんは「機械のリース業界は狭いため、B社で『使えない。いらない』と判断されたら横のつながりでC社、D社に情報が行き、面接すら受けさせてもらえない。」と話されていました。仕事が見つからず、年金生活者の親からは援助も見込めず困り果てていました。その時、昔、祖父が「困ったことがあったら共産党に相談しなさい」との言葉を思い出し電話帳で調べて電話をしたとのことでした。一通り話を聞き終え、私は「今日はもう役所がやっていないので月曜日に一緒に申請をしましょう。もし、緊急ならば本庁の夜間受付で対応ができますよ。土日は食事とか大丈夫ですか」と聞くと「・・・急ではないので月曜日でお願いします」とのことでした。

現金5円

月曜日 Aさんと一緒に生活福祉課に向かいました。行く途中で土日の様子を聞いたら、実は土日は食事が出来ず水を飲んで過ごした。手持ちは現金で5円。通帳に12円合計で17円。電車代がないのでここまで徒歩で40分かかった。このことが初めて分かりました。

生活福祉課で現在の生活状況や仕事を探しても見つからない怒りなどが赤裸々に語られました。その場で生活保護申請を行い、生活保護費の仮払いとして一時金を受給しました。帰路でAさんは私に「これで温かい食事が取ることが出来ます。本当にありがとうございました」と言って別れました。10数日後に生活保護の受給がはじまりました。

先日、Aさんにお会いしました。Aさんは「今、ハローワークで仕事を探していますが、まだ見つかりません。しかし、以前のような不安でしょうがない気持ちはなくなりました。ゆっくり考えることができるようになりました。今、東京都が行っている職業訓練の説明を聞きに行こうと思っています。それでは失礼します」と笑顔で別れました。

2010年7月15日 (木)

参院選挙 共産党比例で3議席にとどまる

7月11日、投・開票で行われた参院選挙は共産党は比例で3議席にとどまりました。小池あきらさんは落選をするなど痛恨の極みです。本当に残念でなりません。消費税が大きな争点での選挙であり管首相はいっていることがどんどん変わり終いには「次の衆院選まではあげない」というありざまでした。この選挙で躍進したのはみんなの党でした。

「増税の前にやるべきことがある」とのキャッチコピーで有権者の気持ちをうまく捉えたことが勝因ではないかとテレビのコメンテーターなどが発言をしていました。私はみんなの党の政策が小泉構造改革をさらに進めることであり中身が国民に伝わればみんなの党への期待は失望にかわると思っています。新しい国会で消費税増税の問題が議論をされます。「大企業には減税。国民には消費税増税」この間違った政治を変えるのはどこの党かは明らかだと思います。議員数が少なくても道理があることは貫けると思います。共産党はこれからも「国民が主人公」の政治を貫いて参ります。そして暮らしや商売を壊す消費税増税はストップさせましょう。

追伸:

参院選挙の大田区の開票立会人を務めました。1票でもムダにならないように無効票と判断されたケースでも投票した人の意を汲み取って「有効にすべきである」と主張しました。開票が終り、開票録に署名・捺印したのが12日AM3:30でした。眠さ対策で缶コーヒーを4本も飲んでしまいました。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »