ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« ロングラン宣伝 | トップページ | 手持ち金が5円 30代男性生活保護受給 »

2010年7月15日 (木)

参院選挙 共産党比例で3議席にとどまる

7月11日、投・開票で行われた参院選挙は共産党は比例で3議席にとどまりました。小池あきらさんは落選をするなど痛恨の極みです。本当に残念でなりません。消費税が大きな争点での選挙であり管首相はいっていることがどんどん変わり終いには「次の衆院選まではあげない」というありざまでした。この選挙で躍進したのはみんなの党でした。

「増税の前にやるべきことがある」とのキャッチコピーで有権者の気持ちをうまく捉えたことが勝因ではないかとテレビのコメンテーターなどが発言をしていました。私はみんなの党の政策が小泉構造改革をさらに進めることであり中身が国民に伝わればみんなの党への期待は失望にかわると思っています。新しい国会で消費税増税の問題が議論をされます。「大企業には減税。国民には消費税増税」この間違った政治を変えるのはどこの党かは明らかだと思います。議員数が少なくても道理があることは貫けると思います。共産党はこれからも「国民が主人公」の政治を貫いて参ります。そして暮らしや商売を壊す消費税増税はストップさせましょう。

追伸:

参院選挙の大田区の開票立会人を務めました。1票でもムダにならないように無効票と判断されたケースでも投票した人の意を汲み取って「有効にすべきである」と主張しました。開票が終り、開票録に署名・捺印したのが12日AM3:30でした。眠さ対策で缶コーヒーを4本も飲んでしまいました。

« ロングラン宣伝 | トップページ | 手持ち金が5円 30代男性生活保護受給 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロングラン宣伝 | トップページ | 手持ち金が5円 30代男性生活保護受給 »