« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月21日 (月)

ロングラン宣伝

20日(日)、日本共産党大田地区委員会はJR蒲田駅西口広場で10~18時のロングラン宣伝を行いました。菅首相は「消費税は自民党の10%を参考にしたい」と発言し民主党・自民党がそろって消費税の増税を参院選の争点に掲げています。特に民主党は消費税増税と法人税の減税をセットで行うとしています。仮に法人税を15%下げればこれだけで9兆円の税収減です。消費税を10%にしてもほとんどが法人税減税の穴埋め。大企業減税の穴埋めになります。大企業は今、内部留保を220兆円以上溜め込んでいます。大企業に応分の課税負担をしないで減税して、暮らしが大変な国民に課税をするこれは明らかにまちがっています。このことをもっと多くの人に伝えて行きたいと思います。

写真は①ロングラン宣伝の集合写真②上池レディースの皆さん

Photo_3 Photo_4

2010年6月16日 (水)

ペシャワール会中村医師の講演

6月15日、区民ホール・アプリコで大田九条の会の主催でペシャワールの会中村医師の講演が行われました。大ホールの会場に入りきれずに第二会場に行かれた参加者も出て1600人の参加者が中村医師の講演に耳を傾けました。講演はスライドを交えて現地の取り組みや現状が話されました。中村医師は「病気は後でも治せるが今、命を守ることが大切」との観点でメスをブルトーザーの操縦に切り替え、井戸や用水路建設に尽力をされました。講演の後に参加者からの質問に答えました。

中村医師は『「武器があれば身を守られる」はウソ』であることはアフガンの現状から実感したと話されました。そして「憲法九条は永久に守られるべき」と話て締めくくりました。講演にあたって澤地久枝さんが応援に駆けつけました。

印象的だったのは参加者との質問に答える中で、「アフガンだけでなく身の回りでも困ったことが起こっている。ここに目を向けることが大切」と話されたことでした。テレビなどでアフガンの実態が報道され「何とかしたい」と思われる方も多いと思います。アフガンだけでなく命の問題で言えば国内でもお金がなく治療するのが遅れ命を落とす。自殺者が毎年3万人を超える。状況があります。実際に目の前で困っている人を助けるとともに、なぜ困っている状況になるのかにしっかり目を向け、その根本に政治の異常があること。その政治を変えることが必要だと思いました。

写真は①中村医師②澤地久枝さん

Photo Photo_2

2010年6月11日 (金)

6/10 普天間基地の即時撤去・辺野古への移設反対 連帯するつどい

6月10日、区民ホールアプリコで「普天間基地の即時撤去・辺野古への移設反対 沖縄県民と連帯するつどい」が行われ230名の参加者が集いました。日本共産党の赤嶺政賢衆院議員が講演を行いました。赤嶺議員から沖縄の歴史、実情、国会での論争など多くのことが話されました。私は、講演のなかで印象に残ったことをいくつかメモをしましたが。「基地の痛みは移転ではなくならない」・「県民が同意した基地は1つもない」・「たたかえば基地建設はやめさせられる」この言葉がずっしりと響きました。「基地の問題は沖縄だけの問題ではない」と言います。私は日本全体が基地を自分のことのように考えるならば沖縄の9万人の集会、徳之島では人口6割の集会のような大きな変化が必ず生まれ基地は撤去の方向に進むと思います。

写真は①講演する赤嶺議員②寄せ書きを参加者にしめしている(本人)です

Photo Photo_2

2010年6月 7日 (月)

いとこの結婚式

6月6日、原宿にある東郷記念館でいとこの結婚式がありました。快晴で汗ばむくらいでした。東郷記念館の中庭から東郷神社まで練り歩き神社での神前式でした。私は無宗教のため作法が分かりませんでしたが、介添え人の方が説明をして見よう見まねでやりましたが、「2礼2拍手1礼」「玉ぐしは両手で持ち時計回りでまわす」「三々九度」などありました。料理はおいしかったです。

写真は門前、新郎新婦との写真、子どもが走っている写真です

Photo Photo_2 Photo_3

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »