« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

アンダンテ 大田区上映会

5月27日、大田区民ホ-ル(アプリコ)でアンダンテ(稲の旋律)が14:30と18:30の2回上映されました。私も大田区上映実行委員会の一員としてお手伝いをさせて頂きました。先日のブログの中でアンダンテ(稲の旋律)のことは載せましたが2回みてもいいものはいいし、新しい発見もありました。主人公の千華役の新妻聖子さんの演技も素晴らしいのですが歌に注目してみるとこの歌が良かった。また、以前から筧利夫さんのファンでしたが、今回の演技もすばらしく、間の取りかたや顔の表情の少しだけの変化で感情を表すのが関心してしまいました。この上映には原作者の旭爪あかねさんもお見えになりました。

写真:旭爪あかねさんと一緒に・・Photo

2010年5月18日 (火)

前進座観て来ました

5月17日、国立劇場で前進座の「切られお富」を観賞してきました。

初めて観ました。実際に足音を再現するために舞台袖に木の板をもって叩いて演出をしていました。また、花道での役者の振り返り様や歩き方にはいろいろな演出の仕方があるなぁと思いました。公演前に7代目嵐与三郎襲名披露口上がありました。こちらも初めて聞きました。日ごろの活動とは別にこのような文化的な催し物も感性を磨く上で必要だと思いました。

2010年5月17日 (月)

演説会に1万人

5月14日、東京体育館で日本共産党演説会が行われました。会場は3階席までぎっしりと入りなんと10,000人。志位委員長・小池あきら参院議員、田村智子参院比例予定候補が訴えました。話の中で一番印象に残ったのは共産党党首として初めて訪米しその報告内容でした。「アメリカとは考え方が違うことが多いがアメリカは『考え方が違う』と一蹴しないで対談する。正面から話せばYES・NOははっきり返ってくる」この発言にはぜひとも鳩山首相に教えたい内容でした。

写真は志位委員長・小池あきら参院議員・開始前の会場の様子です

Photo_2 Photo_3

Photo

2010年5月 6日 (木)

BBQをやりました

5月3日、ひさしぶりの休日。友人と平和島のキャンプ場でBBQをやりました。恒例で毎年行っていて徐々に参加人数も増えてきています。天気もいいし、肉も旨いし・・・しかし車の運転で飲めなかった。子どもも皆大喜び。噴水でははだかで走り回っていました。

集合写真と子どもの様子です

Photo_5 Photo_6 Photo_7

2010年5月 2日 (日)

メーデー 3万2千人

5月1日、第81回中央メーデーが代々木公園で行われ約3万2千人が集いました。今の混沌とした政治とは正反対の澄み渡る青空でした。

しかし、労働者を取り巻く環境は大企業さえもうかればいいというゆがんだ仕組みの結果、この10年間で労働者の報酬は、先進国のなかで日本だけが激減している状況です。

今こそ労働者派遣法の抜本改正、最低賃金の引き上げなどの規制の強化が必要だと思います。労働者の賃金が上がらない限り景気はよくなりません。個人消費を温める政策こそ今必要です。

Photo Photo_2 Photo_3

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »