ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« アンダンテ(稲の旋律)試写会 | トップページ | メーデー 3万2千人 »

2010年4月15日 (木)

4・14中央集会に5000人 沖縄と連帯して

沖縄と本土の連帯で「基地撤去」

414中央集会に5000

米軍普天間基地の無条件4・14中央集会(沖縄県民と連体し、普天間基地の即時・無条件撤去を求める414中央集会)が日比谷野外音楽堂で行われました。日本共産党志位委員長があいさつを行いました。集会には5000人を超える参加者でした。集会後、国会まで請願デモを行い日本共産党国会議員団に請願を渡しました。

集会の中で沖縄基地の実態が話されるとあまりの異常さで会場がどよめきます。

「日本を守るために」駐留している米軍が、守るべき日本国民に暴行、ひき逃げ、強盗、などの事件を起こしていること。「抑止力」と言われている海兵隊が実際にはイラク・アフガニスタンなどに投入をされています。この事実をしっかり見据えるならば日本の平和に米軍基地はいらないことがはっきりすると思います。

基地のない日本に

今、沖縄の普天間基地の問題が大きく報道されていますが、沖縄だけでなく本土も含めて「日本に基地はいらない」この取り組みを連帯して大きく広げることが大切だと思います。武力では平和は訪れない。基地をなくし、憲法9条を生かすことこそ日本の平和・世界の平和につながっていきます。私も連帯してがんばります。

写真 1、志位委員長あいさつ 2、区議団と一緒に 3、共産党国会議員団に請願を提出時

Photo Photo_2 Photo_3

« アンダンテ(稲の旋律)試写会 | トップページ | メーデー 3万2千人 »