ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 党大会 | トップページ | 妹の結婚式 INグアム »

2010年1月28日 (木)

新春演説会に1100人

 1月27日、大田区民ホール・アプリコで日本共産党新春演説会が行われ、糖岡裕紀さんのソプラノ独唱を皮切りに、市田忠義書記局長・小池あきら参院議員・田村智子参院比例候補があいさつをしました。1,100人を超える参加者で熱気に溢れました。
 市田忠義書記局長は「異常な対米従属」と「財界・大企業の横暴」という「2つの異常」を正す改革の方針が「国民の共感を得つつある」と話しました。
日本の夜明けを東京から
市田氏は「2つの異常」を正そうといっている唯一の党である日本共産党が「前進するチャンスがある」と強調。「チャンスもそれを実らせる努力がなければ生かせない。東京で党支持の大波をおこし、日本の夜明けを東京から迎えよう」と訴えると大きな拍手に包まれました。
来年の区議選候補者を紹介
 演説会の中で岡田地区委員長から来年のいっせい地方選挙(区議選)の候補9名を紹介しました。(藤原幸雄・大竹辰治・金子悦子・和田正子・菅谷郁恵・清水菊美・佐藤伸区議、黒沼良光前区議・福井りょうじ生活相談室長)

写真①会場の様子②区議候補者③小池あきら参院議員④市田忠義書記局長・参院議員

Photo_5

Photo_6 Photo_7 Photo_8

« 党大会 | トップページ | 妹の結婚式 INグアム »