« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月17日 (火)

年金者組合に加入しました

年金者組合に加入しました。私は、現在35歳。年金受給年齢まであと30年ですが、加入することで要求や悩みなどが直接聞けました。15日には年金者組合大田支部第21回定期大会が消費者センターで開かれ、参加をしました。この大会で確認された「大会宣言」で後期高齢者医療制度の廃止を求め、最低保障年金制度の創設や年金受給資格を10年からとすることを決議しました。

 今までの政治は、「年寄りは死ねというのか?」と言わせるようなひどい状況でした。総選挙で自公政権が退場し、新しい政治に国民が注目しています。国民の運動でひとつひとつ要求を実現していき「長生きしてよかった。長生きして欲しいと思える社会」を皆さんと一緒に作って生きたいと思います。

2009年11月10日 (火)

11・8国民大集会に三万五千人

11月8日、代々木公園で開かれた「新しい未来(あす)へ!11・8国民大集会」は全国から三万五千人が集まりました。当日、私も参加のためにJR原宿駅を出ると駅から代々木公園まで人の波が絶えず出来ていて驚きました。雇用・営業・後期高齢者医療制度・保育・沖縄米軍基地・派遣法改正など人それぞれの要求は様々ですが、「たたかって政治を変え、要求を実現しよう」と国民的共同を広げる集会となりました。

Photo

Photo_2

2009年11月 6日 (金)

区長に新年度の予算要望

11月5日、日本共産党大田地区委員会・大田区議団は松原大田区長に2010年度予算編成に関する要望書を手渡し、申入れを行いました。この間、区内の中小工場や福祉施設などを視察し、現場の意見・要望を聞き、医師会、障害者、幼稚園、女性団体など約25団体と懇談し予算要望書を作成しました。不要不急の大型開発優先をやめ、区民が切望している認可保育園、特養ホーム、区営・高齢者住宅建設など、新年度から計画的に施設を作るよう区長に要望しました。右端:本人

P1020636_2

2009年11月 5日 (木)

後期高齢者医療制度はただちに廃止を

11月1日、日本共産党大田地区委員会は後期高齢者医療制度の廃止を求めて蒲田駅西口で署名・宣伝行動を行いました。40名を超える参加者で1時間で112名の署名が集まりました。

総選挙では民主党も公約に後期高齢者医療制度を廃止することを掲げていました。しかし、鳩山首相は「新しい制度」ができるまでは廃止をしないという「先送り」の態度に変わってしまいました。

駅頭で署名をしていただいた年配の女性は「民主党は公約を守って欲しい。4年も待てない。生きていないかもしれないのに」と話されました。

署名や宣伝をもっと旺盛にし国民世論で後期高齢者医療制度を廃止さるためにがんばります。

署名には年配の方だけではなく「おじいちゃんに長生きしてもらいたい」と女子高生・「将来に関することだから」小さい子どもをつれたお父さんなどが協力してくれました

Photo

Photo_2

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »