« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月10日 (木)

子育ては社会全体で支えるべきです~陳情を提出しました~

経済的な理由などで共働きの家庭が増えています。子どもと一緒にいたいのですが、生活のために子どもを預けて働かなければなりません。

しかし、区内の認可保育園の空き状況は0歳児がゼロ。1歳児は2名。保育ママもほぼ空きなしです(9月6日現在)

本来は認可保育園を作って待機児を解消すべきです。

しかし、そこまで待っていられない状況です。当面は認証保育所に面倒を見てもらうことになるわけですが、認証保育所の保育料が高いのです。現在、大田区では27認証保育所がありますが、保育料の平均が0歳児約63,000円1歳児約60,000円です。園によっては、これにおむつ代(月3500円)・入園料(1~3万)・施設料などが加わります。この保育料は所得に応じておらず一律の料金です。

女性の平均年収は271万円(国税庁H19年)です。認証保育所の保育料が女性の月収入の1/3~1/2近くにおよびます。生活が厳しいので共働きをしていますが、これでは少しも生活がよくなりません。

私は、このような状況を少しでも打開すべく陳情を提出しました。要旨は2点です。

1、      大田区の補助金(東京都認証保育所児童保護者負担軽減補助金制度)を

2倍に引き上げて下さい。(現在は月1万円一人目)

2、      幼稚園には入園補助金がありますが、認証保育所については入園補助金がありません。認証保育所の入園料については大田区が補助してください。

この項目は緊急避難的な対応であり、根本解決は、認可保育園の増設です。

子育てにお金がかかるために少子化が進んでいます。私は、子どもは社会全体の宝であり、子育ては、社会全体で支えるべき問題だと思います。安心して子どもを産み育てられる社会にするためにがんばります。

2009年9月 2日 (水)

総選挙 共産党9議席

8月30日投開票で第45回総選挙が行われました。共産党は9議席を守りました。自民党は300議席→119議席。公明党は31議席→20議席。民主党は193議席から308議席となりました。私が担当している東京3区の大田区地域では、小選挙区・比例ともに得票を増やし比例では公明党よりも得票が多くなりました。すこしずつでは有りますが、前進していると思います。今度の選挙は自公政権を退場させ新しい政治をと訴え、民主党中心の政権が出来た場合でも建設的野党として「いいものには賛成し、わるいものには反対」との立場をしめし現実政治を前に動かすためにがんばります。

 投票日の当日、私は衆院3区比例の開票立会人を務めました。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »