« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年5月28日 (木)

「妊婦検診への助成」陳情 自民・公明党により不採択

5月25日、大田区議会臨時会で請願・陳情が審議をされました。その中の1つ「妊婦検診への助成にかかる陳情」が共産党は採択を求めましたが、自民・公明党により不採択になりました。陳情の中身は「1、妊婦健康診査にかかる費用を全額助成して下さい」です。大田区では昨年の4月から妊婦健康診査公費負担が14回に引きあがりました。このことを受けて「14回分無料になった」と思われる方が多くいらっしゃると思いますが、実際は14回分の回数券が配られ上限が1回5千円です。ですから、無料ではなく5000円を超える分については自己負担となります。エコーや超音波・血液検査などあり一回の診察料が5000円を切ることはまずありません。子供を産むにはお金がかかります。経済的な理由等により妊婦健康診査を受診しない妊婦が増加する傾向になります。受診しないということは母子ともに命の危険にさらされます。少子化をとめるには、お金がなくても安心して子供を出産できる状況が求められています。今回、自民党、公明党の不採択の主な理由は「様子を見たい」「十分に検証したうえで」などをあげています。少子化対策というのならば本来、「子供を生む費用は全額、国・自治体が面倒みます。安心して産んでください」とやるべきではないでしょうか。若い世代の非正規労働者が増え収入も不安定な状況が広がる中で「様子を見たい」などのんきに言ってる場合ではないと思います。「本当に実態を知っているのか?」と憤りを感じます。私は、引き続き皆さんと力を合わせ妊婦検診の公費助成拡充を求めていきます。

2009年5月24日 (日)

青年が作る新しい東京

昨日、「大田発 青年が作る新しい東京」(かえるネット大田主催)が大田区生活センターで行われました。かち佳代子都議の都政報告、黒沼良光都議候補(現区議)があいさつしました。参加者から職場や生活の状況が出し合い交流をしました。青年を取り巻く状況、雇用(職場)や暮らしは深刻な状況が切々と語られました。自己責任論が押し付けられ「だめなのは自分が悪いから。努力が足りないから」と思い込まされ、内向きになり将来の展望が持てず、悲観して自らいのちを絶つ状況も生まれています。佐藤区議が「昨年、30代の自殺者が統計以来過去最悪になっている。人の痛みに寄り添う政治が求められている」との話がだされました。自公政権が進める新自由主義、「官から民へ」を合言葉に国・行政の役割を投げ出している状況だけを見れば悲観する気持ちになります。しかし、一昨年の参院選以降から力をあわせ声を上げれば「政治は変わる。変えられる」という状況が生まれてきています。荏原病院の産科再開もかち都議を先頭にした共産党の都議会、区議会、保健医療公社などに対する繰り返しの追求、申し入れと皆さんの力を合わせて取り組んだ署名が大きな力を発揮して実現をしています。7月に行われる都議会議員選挙ではかち佳代子都議・黒沼良光都議候補を都議会に送り出して石原都政で切り捨てられた福祉を取り戻し「人の痛みに寄り添う政治」に変えようではありませんか。

中央:かち都議 右端 佐藤区議 本人:撮影

Photo

2009年5月14日 (木)

オリンピック予定地と築地移転問題・都政調査

5月9日、日本共産党大田区後援会はオリンピック予定地と築地市場移転問題などの都政調査をバスを1台貸切りかち都議の説明・案内で現地調査を行いました。晴海のオリンピックスタジアム予定地を視察ののち、築地市場に行きました。築地市場では、市場長が出迎えて頂き、現在の市場の問題について話を伺いました。築地市場は実際に見て、老朽化が進み建て替えが必要だということがわかりました。私は、食の安全・安心・経費の面からみても汚染された土壌(発がん性物質が400倍)の豊洲移転ではなく現地での立替えが必要だと思います。築地市場の後は共産党中央委員会で本部見学と昼食をとりました。中央委員会の食堂は150人が入れて、日替定食が2種類から選べます。私は、他人丼を食べましたが、そのときなんとあの志位委員長が食堂に昼食をとりに見えました。視察団の参加者からは「あっ志位さんだ」と声を出したり、拍手が(なぜ?)おきました。おばさまパワーはものすごいものがあり、食事中にもかかわらず写真をお願いしたりしていました。私は小心者なので遠くから食事中の写真を取るのが精一杯でした。(笑)食事後は中央委員会の建物を見学しました。屋上が環境対策で緑化がされていたのが印象的でした。最後に見学したのが都庁です。見事な高層。クビが痛くなるくらい見上げてしまい、いくらかかったのか思わず、かち都議に聞いてしまいました。1階から展望台までは直行のエレベーターがありました。エレベーターに乗る前に手荷物検査がありました。展望台につきエレベーターが開くとそこに目に付いたのはレストランと土産コーナーでした。都庁は都民の税金で建てられています。その都庁の展望台に民間企業が参入してレストラン・土産コーナーを経営。なにか違和感を覚えました。今回の視察ではオリンピックを看板にした巨大・巨額インフラ整備を進めていることを目の当たりにしました。1メートル1億円の道路整備よりもくらし・雇用・営業を守るために税金を使うことが必要だと実感しました。

写真 上から 築地市場の全景・築地市場勝どき門・食事中の志位委員長(食事中すいませんでした)・中央委員会の屋上 

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

2009年5月 7日 (木)

わんわん交流会

5月3日、洗足池公園でわんわん交流会を行いました。わんわん交流会(柴犬)は洗足池近くに住んでいるMさんというブリーダー(柴犬のみ)の方が企画されて洗足池公園に集まって交流しようという初めての試みでした。当日は予想以上に人と犬が集まりました。私も愛犬(柴犬:もも)をつれて参加しました。犬好きという一点で集まったにもかかわらず楽しい交流会でした。

写真1 全体写真 写真2 飼犬:もも 写真3 参加していた犬(ファイン)

Photo Photo_2 Photo_3

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »