ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 後期高齢者医療制度を考える集い | トップページ | 第79回中央メーデーに4万4千人 »

2008年4月23日 (水)

営業と雇用を守るために

4月22日産業プラザPIOにて「大胆な施策を実現し営業と雇用を守りましょう」をスローガンに学習交流会が行われました。(主催 不況打開大田区実行委員会)

大田区が2007年9~11月にかけて「大田区の産業に関する実態調査」を行い、その報告書を発表しました。この報告書を不況打開大田区実行委員会が分析し、「大田区の中小企業と雇用を守るための大胆で抜本的な提案」をまとめました。以下に提案の一部を紹介します

①製造業の振興のために大胆な各種助成制度、融資制度をつくる

後継者・若手従業員の育成と設備改善、仕事回し、など

詳細を知りたい方は 不況打開大田区実行委員会(3731-1261)にお願いします

50名を超える参加者が集まりました。

大田区のものづくりをはじめ小売業、などの将来を展望したときに今こそ行政が大胆な行政措置、財政措置を行うことが求められています。

« 後期高齢者医療制度を考える集い | トップページ | 第79回中央メーデーに4万4千人 »