ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 東京労働局に要請 | トップページ | 営業と雇用を守るために »

2008年4月21日 (月)

後期高齢者医療制度を考える集い

4月20日 洗足区民センターにて丹伊田うのき診療所事務長を講師に迎えて後期高齢者医療制度の説明と問題点を聞きました。共産党上池支部主催で行われ、参加者は25名でした。冒頭に丹伊田氏は制度の目的が「健康の保持」(老人保健法)から「医療費の適正化」(高齢者の医療に関する法律)に変わったことを説明すると、会場からはどよめきと怒りの声が上がりました。「年寄りを粗末にするのは許せない」・「誰が作ったのか」など意見、質問が相次ぎました。医療制度の説明が終わるとかち佳代子都議の都政報告が続けて行われ新銀行東京の実態などがリアルに語られました。私も区政の現状と後期高齢者医療制度の宣伝をしたときのまちの様子を話し、」この制度の廃止を求めて力を合わせましょう」と訴えをさせてもらいました。

« 東京労働局に要請 | トップページ | 営業と雇用を守るために »