ぜひお読みください

  • しんぶん赤旗
    「しんぶん赤旗」購読申し込み見本紙申し込み
    日刊紙 3,497円/日曜版 823円
    日刊紙+日曜版 4,320円です

アクセスカウンタ

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 荏原病院の産科再開を求める陳情提出しました | トップページ | 青年雇用対策を急げ »

2008年3月 3日 (月)

「鵜の木保育園を現地に残す」陳情は継続審議

老朽化に伴い鵜の木保育園が、現在の南久が原2丁目から千鳥2丁目(千鳥幼稚園跡地)移転・建設する問題で、「現地に鵜の木保育園を残してほしい」陳情の審議が3月3日区議会こども文京委員会で行われました。日本共産党大田区議団は「こどもの健やかな成長や地域への影響を鑑みたら早く採択するべき」と主張しましたが、自民・公明・民主党が「継続審議」を主張し結果、継続審議となりました。この陳情は地域の方や保育園に子どもを預けている保護者の方から「現地に保育園を残してほしい」との声が相次ぎ関連する陳情が3本出されていました。

« 荏原病院の産科再開を求める陳情提出しました | トップページ | 青年雇用対策を急げ »